RELEASES

【初回限定盤】WORK

ハンバート ハンバート
【初回限定盤】WORK

ハンバート ハンバート
ワーク

発売日 : 2019.06.26

規格 : CD12cm
品番 : DDCB-94023
価格 : ¥3,000+税
レーベル : SPACE SHOWER MUSIC

購入する

 「平日しかライブをしません」と宣言した、2019年。フェス出演はほぼなく、ワンマンライブがメインとなる今年は、ハンバートハンバートにとって本業と自負するライブ(=WORK)が中心となる年とも言えます。ライブごとにアレンジが変わってゆく楽曲。その場所だからこそ引き出されるパワー溢れるパフォーマンス。そこは、ハンバート ハンバートの魅力が最大限に広がる空間です。けれど、「音源は聴くけどライブには行ったことがない」という人はまだまだ多い。そこで今回、みなさんの元へ「ライブ」をお届けしたいと思ったのです。
 これまでの「FOLK」シリーズのカテゴリには収まらなかった“泣けるバラード”をメインに据えた今作は、単なるライブ盤という枠を超え、「セルフカバーによるバラードベスト」な内容となっています。代表的な人気曲「ぼくのお日さま」「まぶしい人」「おべんとう」などに加え、「喪に服すとき」「ひなぎく」などファンの間では長らく評価の高かった曲を多数収録。音源は、“平日だけライブ”の幕開けとなった、東名阪クラブクアトロツアー「ハンバート家の正月 2019」全6公演から厳選した録音となります(すべて、サポート無しの2人編成)。
 さらにこのアルバムでは、今作のために書き下ろしたスタジオ録音の新曲「小さな声」も併せて収録。世間との折り合いがつかず、もがき、苦しみながら生きる人々の心に迫った本作は、佐野遊穂のボーカルが印象深く響く、ハンバート ハンバートにとっての新たなる名作となることでしょう。

TRACK LIST

DISC1
01 喪に服すとき
02 おべんとう
03 ひなぎく
04 邂逅
05 おじさんと酒
06 透明人間
07 鬼が来た
08 ぼくのお日さま
09 23時59分
10 まぶしい人
11 Farewell Song
12 小さな声
DISC2
01 それ半分私のなんだけど
02 そんなの源義経じゃない
03 上手くなり過ぎた大人
04 3学期からの途中入学
05 エアコンの連動先
06 バンドマンの親
07 もうお惣菜は買わない
08 弱くない私
09 ある正義感
10 ある紙袋
11 捨てられない一族
12 宮益坂の謎
13 暑さをしのぐ方法
14 洋式トイレのやさしきフタ
15 タラモサラダって何?
16 その食虫植物、ネギの如し
17 足りていない頑張り
18 携帯で話つつATMで大金をおろす人
19 用意周到への道
20 音楽以外の趣味
21 キャッシュバックの方法
22 言わなければわからない
23 無銭カラオケ
24 メントールの効果
25 昨日との違い
26 切っても切れない関係
27 誤解の原因を探る

関連アーティスト

ハンバート ハンバート

関連リリース