RELEASES

Hiroki Trio 1996

廣木光一, 飯田雅春, 羽生一子
Hiroki Trio 1996

HIROKI Koichi, IIDA Masaharu & HABU Kazuko
Hiroki Trio 1996

発売日 : 2018.09.12

規格 : DIGITAL

レーベル : BIYUYA

5リズム3ホーンの”廣木光一バンド”によるアルバム『Love Will Out/90年』を発表の後、廣木は、よりギターをフィーチャーした、かつ緊密なアンサンブルを求め、トリオ(g, b, ds)を中心に演奏するようになった。その後95年にはガットギターでのソロ演奏が多くなり、その転換期に於ける本録音だったが、リリースはされなかった。<1996年、廣木光一(g)40歳、羽生一子(ds)33歳、飯田雅春(b)26歳の時の演奏> 今回、hirokimusicで見つかった三枚のCDに、ラフミックスされたこのトリオの演奏が残っていた。ギタリストでありながら、常にギターではなくオーケストラサウンドが鳴っているという廣木らしいレパートリーには、チャールズ・ミンガス、ギル・エバンス、ランディ・ウェストンなどの楽曲が多かった。その中からオリジナル1曲を含む4曲をチョイスし、本アルバムのベーシストでもある飯田雅春のマスタリングにより整音され、配信限定アルバムの発表に至った。

崖っぷちに留まるかようなバネのあるドラミングを聴かせる羽生一子、参加まもなくも独自の解釈と方法でリズムとメロディに彩りを添えたベーシスト飯田雅春、二人の自由奔放な演奏にも影響され、ギターの新たな可能性を示唆するプレイを聴かせる廣木、珍しく全曲ギブソン・レスポールを使っている。
1:Goodbye Pork Pie Hat (Charles Mingus) 『Mingus AH UM/Charles Mingus』での美しき名演も知られるところだが、廣木は”Gil Evans Orchestra”の影響も受け、自らのアイディアも含めたアレンジにしている。
2:Hi Fly (Randy Weston) ”Randy Weston Orchestra”の人種の坩堝のような演奏、ミンガスバンドで活躍したピアニストJaki Byardがアルバムタイトルにもした同曲の演奏、これらの延長線上にトリオのサウンドがあるようだ。
3:Sunset Landscapes (HIROKI Koichi) 20歳の時の作品。ライブでは演奏されてきたが、今回が録音初公開。タイトルは当時良く来場したお客さんが付けてくれたそう。
4:Las Vegas Tango (Gil Evans) テーマ部分では”Gil Evans Orchestra”での管楽器のハーモニーをギター一本に置き換えている。自由な展開ができたのもギルという存在のお蔭だと廣木は云う

TRACK LIST

DISC1
01 Goodbye Pork Pie Hat
02 Hi Fly
03 Sunset Landscapes
04 Las Vegas Tango

関連アーティスト

廣木光一, 飯田雅春, 羽生一子