RELEASES

Songs Of The Living Dead

Ken Yokoyama
Songs Of The Living Dead

Ken Yokoyama
Songs of the Living Dead

発売日 : 2018.10.10

規格 : CD12cm
品番 : PZCA-85
価格 : ¥2,500+税
レーベル : PIZZA OF DEATH RECORDS

購入する

『Songs Of The Living Dead』――ゾンビのような楽曲たち。
Ken Bandの旧メンバー在籍時の楽曲も多数収録されている今作にはふさわしいタイトルかもしれない。長い時を経た今、この世に蘇ったのである。コンピに提供したもの、当時録音までしておきながらライブでしか披露しなかったもの、WEB上で期間限定公開されたの……よくもまあ、アルバムに収録しなかったものだと呆れてしまうほど、力のある楽曲が揃っている。
注目すべきは今作のために新たに録音された5曲だ。新曲としてオープニングを飾るのはストレートなメロディックパンクチューン「I Fell For You, Fuck You」。ここではKen Bandらしいメロディを活かした楽曲になっている。一方、もうひとつの新曲「Swap The Flies Over Your Head」は近年の流れを組むロカビリー・スタイル。今のKen Yokoyamaを両輪で支える2つのサウンドが、今後も彼の活動の主軸となっていくことが伺える。
残り3曲の新録曲はカバーだ。「Nervous」はSnuffのドラムボーカルDuncanが90年代初期に参加していたメロディックパンクバンドの代表曲であり、超名曲。原曲に忠実なアレンジからもこの楽曲とバンドに対する横山の愛情が透けて見える。そして、NO USE FOR A NAMEのカバー「Soulmate」。これは楽曲に対する思いと同じかそれ以上に、6年前に急逝したバンドのボーカリストTony Slyへの深い愛情が感じられる。作品のエンディングに選ばれているのもそんな思いの現れだろう。残るカバーはVince Taylo「r Brand New Cadillac」。ゲストボーカリストとして、なんと、チバユウスケを迎えた。両者は、実はHi-STANDARD結成以前からの知り合い。30年近い時を経て、こうして音源で共演する日が来るとは実に感慨深い。当然、楽曲もチバを意識して選ばれたものだろう。
このように、今作は語るべきポイントが非常に多い。世間一般ではこういった形式の作品を“Bサイド集”と呼ぶのかもしれないが、『Songs Of The Living Dead』には似つかわしくない。横山はこれを“セルフコンピレーションアルバム”、6.5枚目のアルバムとして捉えている。まさにそのとおりだ。ベスト盤等にありがちな懐かしさはこの作品にももちろんある。しかしそれ以上に、今なおギラついている横山のロックンロール魂がゆらゆらと立ち昇っているのを感じるのだ。

TRACK LIST

DISC1
01 I Fell For You, Fuck You
02 My Shoes
03 What Kind Of Love
04 My Day
05 Nervous
06 Don't Want To Know If You Are Lonely
07 Swap The Flies Over Your Head
08 If The Kids Are United
09 You're Not Welcome Anymore
10 Walk
11 Sayonara Hotel
12 Going South
13 Brand New Cadillac
14 Dead At Budokan
15 Hungry Like The Wolf
16 Nothin' But Sausage
17 Living After Midnight
18 A Stupid Fool
19 A Decade Lived
20 Soulmate

関連アーティスト

Ken Yokoyama

関連リリース