RELEASES

楽器は東へ西へ 琵琶とマンドリン

Various Artists
楽器は東へ西へ 琵琶とマンドリン

Various Artists
Uno strumento tra est ed ovest - Biwa e Mandolino

発売日 : 2017.03.22

規格 : DIGITAL

レーベル : 横浜能楽堂

古代中近東の伝説的楽器「バルバット」。ここから現在でも中近東で演奏されている民族楽器「ウード」が生まれ、シルクロードを通り、東西に分かれ旅に出た。その旅の間に、それぞれの民族の好みに合わせ改良され新しい楽器が生まれた。東の中国で琵琶が生まれ、おなじ漢字文化圏だった日本やベトナムにももたらされた。ベトナムの琵琶は、ほとんど中国から入ったままのかたちで今でも演奏されている。日本に入った琵琶は、改良され、まず平安時代に雅楽で使う「楽琵琶」が生まれ、その後、「平家琵琶」「薩摩琵琶」「筑前琵琶」「盲僧琵琶」など多様な琵琶が生まれる。遠い中近東を源流として発展して来た楽器の血脈は、日本で大きく花開いた。
一方、西へ行った楽器からは、ヨーロッパで多様なリュート族の楽器が生まれた。吟遊詩人を連想されるように、ルネサンス期からバロック期を代表する楽器となった。17世紀に入るとイタリアで、現在のマンドリンにつながる「ナポリ型マンドリン」が誕生する。これ以降、イタリアでは数多くのマンドリンのための作品が作られていく。
2016年は日本とイタリアが外交関係を樹立して150周年の節目の年。これを記念して、横浜能楽堂特別企画公演「楽器は東へ西へ 琵琶とマンドリン」が開催され、「兄弟楽器」と言える琵琶とマンドリンが、長い旅路の果てに再会した。ここから、また新たな音楽の世界が生まれるのを期待したい。

TRACK LIST

DISC1
01 ラメント・ディ・トリスターノ・エ・ロッタ (中世舞踏曲)
02 マントヴァの舞踏曲 (中世舞踏曲)
03 メヌエット、アンダンティーノ、アレグロ・モデラート
04 夜想曲 星空
05 カント・ノスタルジコ・ラファエレ・カラーチェより 桜の地に咲く優しき花 良子妃殿下に捧ぐ
06 セレナテッラ
07 行く春
08 春雪のバラード
09 草庵の諧
10 「アッシジの聖フランチェスコ」より五段『ラ・ヴェルナの聖痕』(抜粋版)
11 楽琵琶とマンドリンのための「緒合わせ」

関連アーティスト

Various Artists

関連リリース