RELEASES

ME AND SIX STRINGS

さいとうりょうじ
ME AND SIX STRINGS

Ryoji Saito
Me and Six Strings

発売日 : 2016.11.16

規格 : DIGITAL

レーベル : インダハウス

P.O.Pをはじめギタリストとして、またNHK「植物男子ベランダー」や数々のTV/CMなどを手がけるトラックメイカーとして活動する音楽家さいとうりょうじの本性をさらけ出した初のソロALBUM

「そのペンタトニックを取り返しにきた」

ストラトキャスターを鳴らしロックを歌う。
エリッククラプトンやジミヘンドリックス、現代ではジョンメイヤーに至るまで、日本ではchar以降不在となっているど真ん中のスタイルに正面から向き合った新時代のジャパニーズブルース。

『ME AND SIX STRINGS』
ギター、ロックの祖であるRobert Johnsonの代表曲「Me and the Devil Blues」を引用したアルバムタイトル通り、Robert Johnson,Eric Clapton,JimiHendrixのカバー曲を収録するなど近年稀に見る痛快なロックアルバムとなっている。

HIPHOP/R&Bシーンを主戦場にしてきた男が作るそれはカマタミズキ、フルタナオキ、ヤマザキタケル、福森康、カンタス村田、Yuki Kanesakaなど、新世代の注目のプレイヤー達を擁し、D’AngeloやRobert Glasperといった現代のブラックミュージック通過した「BLUESROCK」を再提唱する。
作詞家としても評価されており洋楽のサウンドに日本語をあてはめる事に成功した。
言うなれば「JimiHendrixが生きていたらどんな音楽を作るか」常々語られるそれの一つのアンサーとして作られている。

01. SAITORYOJI
自身の名を高らかに歌うSRVスタイルのロックナンバー

02. I LOVE MY GUITAR
ストラトキャスターへの愛を歌った圧倒的なギターソング

04. early in the morning
アコースティックサウンドで女心を歌う女言葉のラブソング

05. マヨネーズブルース feat.上鈴木兄弟(from P.O.P)
自身も参加するHIPHOPバンドP.O.Pの双子MCが参加。
オールドスタイルなブルースとラップの融合に成功し自身が公言する「BluesとHiphopは同じもの」を証明。

06. 愛情の嵐
D’Angelo、Erykah Badu以降人気となったネオソウルをロックギターを持って日本語で歌うラブソング。

10. Cross Road
CREAMの演奏でも有名なギタリスト必須科目のRobert Johnsonの代表曲クロスロードをvocoderを用いるなど新たな要素を盛り込みカバー。

11. if6was9
映画「イージー・ライダー/Easy Rider」にも使われたJimiHendrixの代表曲。ボストン在住の人気日本人トラックメイカー/キーボード奏者のYuki Kanesaka(monolog)が参加し現代のJAZZ/HIPHOPのサウンドに大胆にアレンジし収録。

15. We are so Beautiful
アルバムを締め括るbabyfaceやBoyz II Menスタイルの甘いソウルバラード。代名詞となっているエモすぎるギターソロは必聴。

TRACK LIST

DISC1
01 SAITO RYOJI
02 I LOVE MY GUITAR
03 in the style of LK
04 early in the morning
05 マヨネーズブルース feat. 上鈴木兄弟
06 愛情の嵐
07 in the style of DG
08 LINE
09 in the style of BG
10 Cross Road
11 if6was9
12 in the style of BB
13 ダウンタウン
14 in the style of OR
15 We are so Beautiful

関連アーティスト

さいとうりょうじ

関連リリース