RELEASES

プリズムの起点

戸渡陽太
プリズムの起点

Yota Towatari
The Starting Point of the Prism

発売日 : 2014.11.12

規格 : CD12cm
品番 : PECF-1112
価格 : ¥1,650
レーベル : SSNW

購入する




これだけシンプル、これほど豊か。
わずかな言葉で相手を串刺しにするようなリアリティ。


アコースティックな響きを活かして繰り広げられる飾り気のないシンプルな佇まい。簡素な中にも芯の強さを秘めた歌声はロックンロールの装いが。

ビートニクス的、堰を切ったように言葉やイメージがカットアップされ形作られていくようなスリリングな展開。根底にあるロックンロ ールを背景に豊かな広がりを見せる閃きに満ちた言葉のインプロヴィゼイション。少し前のめりでハスキーな歌声に内在するリズム感が魅力的です。或いはラップに近いアプローチでトーキングブルース風に心情を吐露しながら、魂を解き放つかのように深く、繊細に、そしてエモーショナルに歌い込む。全体を貫くのはストレートで荒々しさを残した若々しい攻撃性、新鮮で強烈なインパクトがあります。

ギターワークも特筆すべきで、ひたすら攻めまくるアグレッシヴな奏法からアシッドフォーキーな天然グルーヴまでと達者な風情。本人のアコースティックギターを軸として小編成の伴奏陣を加えただけの抑制されたサウンドプロダクションが基本ですが、深沼元昭(プレイグス)のプロデュースワークにより大胆で意欲的、エレクトリックな音楽的冒険が敢行されました。氏の洞察力に満ちた眼差しは的確で、音像化にあたり楽曲に深い彫りとソリッドなノリを与え、その独特な歌声をソウルフルに響かせています。ガムシャラに叫ぶように、時に優しく語りかけるように歌うソウルフィーリングを湛えた独特のファンクネスは唯一無二のもの。フィジカルで躍動感あるファンキーなナンバーと、叙情や苦みが胸に切ないメロディアスなナンバーが描く緩急自在の美しい陰影が印象的。

記憶が永遠に変わってしまう前に。
その名を刻まれるべき先鋭的な才能と豊かな音楽資質が披露された記念碑的なデビュー作。

戸渡陽太、新しいシンガーソングライターの誕生です。



戸渡陽太戸渡陽太(とわたりようた)

枠に収まらない感性の放出で歌を紡ぎ出し、緊張感が走るような張り詰めた独自の世界へ­と引き込む、福岡在住22 歳のシンガーソングライター。確かな演奏力、様々な音楽を雑食に取り込む貪欲さ、異彩­を放つその声は、若さの魂の叫びそのものとも言えるだろう。
2013年にはミニアルバム「坩堝」をライブ会場限定にて販売を開始。
2014 年にはロッキング・オン主催のコンテストRO69JACK にて入賞、地元福岡の一大音楽イベントMUSIC CITY TENJINのメインステージでのアクトが決定するなど、徐々にその名を浸透させてい­る。ギター1 本、声1 つで魅せる表現領域の広さと、アーティストとしてのポテンシャルの高さは、福岡を中心­に注目を集める存在である。

HP : http://www.towatariyota.com/
twitter : https://twitter.com/towatariyota
facebook : https://www.facebook.com/towatariyota


TRACK LIST

DISC1
01 マネキン
02 SHIKISAI
03 SOS
04 ゼンマイ仕掛けの世界
05 ホントの事

関連アーティスト

戸渡陽太

関連リリース