カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

Blue Vintageが7/4発売「IVORY」の特設サイトをオープン!豪華アーティストからのコメントが多数掲載!

Blue Vintage / ブルーヴィンテージ今注目を集めているBlue Vintageが、7月4日(水)に自身初のEP「IVORY」を発売する。
夏にぴったりのアッパー・チューンでライブでは必ず盛り上がるリード曲「渚のハニー」は、4月にiTunesのワールドチャートで1位を獲得したBTS・AIのハピネス・三浦大知などを手がけるUTAがプロデュース。
その他の楽曲も、トータルセールスCD6000万枚・配信1億DL越えのクリエイティブチーム「Tiny Voice」がプロデュースしている。
そしてYoutube再生回数が27万回を超えた「名前を呼んで」も収録。
この楽曲は彼らが毎週日曜日Instagramへ投稿しているカバー楽曲や個人的に気に入ったものでCMを作るという勝手にCMシリーズを見た里親情報サイト「ペットのおうち」からのオファーにより書き下ろした作品だ。
これから始まる彼らのキャリアは、どんな音楽の色にも染まる白(ホワイト)、しかしながら海や自然を喚起させる音楽性やテクスチャーも相まって「IVORY」というタイトルになった。
そして彼らが注目される理由の一つとして、様々なアーティストからの支持がある。
以前から親交の深いTeeやMicro(Def Tech)、そして彼らの音楽が好きだというKURO(HOME MADE 家族/eNBAND)、CLIEVY(C&K)など多数のアーティストが「IVORY」の発売を祝い、コメントを寄せている。

そんなBlue Vintageに魅了されているアーティストからのコメントが掲載された特設サイトが本日公開された。
特設サイトでは、全楽曲の視聴が可能で、リード曲「渚のハニー」のミュージックビデオも7月4日に公開予定である。
今後、間違いなく夏を代表するアーティストへの仲間入りをするであろうBlue Vintage。
彼らの音楽をじっくりと堪能できる日が来月に控えている。
8月11日(土)に渋谷eggmanで行われる「IVORY」のリリースパーティーだ。
2018年夏、Blue Vintageがどんな夏を感じさせてくれるのか期待していよう。

◆「IVORY」特設サイト
http://bluevintage.jp/ivory


————説明は要りません。Blue Vintageは聞けば分かる!ライブを見れば分かる!Ms.OOJA

————まるで一夏の喜怒哀楽を詰め込んだような一枚。KURO(HOME MADE 家族/eNBAND)

————「Blue Vintage」 その音楽を初めて聞いたあの瞬間から僕は彼等の虜です。TEE

————Blue Vintageのフィールドに持ち込まれちゃった音楽はすべてGood Musicになっちゃうからアーティストとしてはほんとずるいなあ(笑)って心底思う。Micro From Def Tech

————Blue Vintageとの出会いは、SNSで何気なくタグを手繰っていた深夜2時くらいだった。素敵だった。声とギターから景色が見えた。CLIEVY(C&K)

————シンプルなギターサウンドがとっても気持ちイイ、Blue Vintage。聴いているとどんどん優しい気持ちになります。AISHA

————どんな時も一瞬で心を海に連れて行ってくれる。‬Leola

————6曲という曲数の中に、溢れ出す程に詰まってるBlue Vintage感がもう最高です。俳優・鈴木貴之

(アーティストコメント一部抜粋)

Blue Vintage『IVORY』【リリース情報】

Blue Vintage『IVORY』

2018.07.04 Release
DDCZ-2211 / ¥1,389+税

[収録曲]
01. 渚のハニー
02. 月明かりの下で
03. No Man Japanese ver.
04. Too Much
05. 名前を呼んで
06. Lost in Paradise

Blue Vintage「IVORY」リリースパーティー

■2018.08.11(土) @SHIBUYA eggman
詳細はオフィシャルサイト http://bluevintage.jp/ まで

【Blue Vintage プロフィール】

フィリピン生まれサイパン育ち、ハワイで学生時代を過ごし自然と身に付いた多国籍な感性と日本人離れした歌唱力が魅力のJ.Speaks。一方、音楽業界に関わる父親の元に生まれ、ギターと共に人生を歩んできた生粋のギタリストTaiga。二人が愛してやまない“海”のエッセンスが自然とにじみ出し、唯一無二の音楽を形成。大海の如く無限に広がるその音楽には喜怒哀楽、様々な感情が盛り込まれ、聴くものをときに心地よく包み込み、ときに心弾ませ踊らせる、大きな魅力を備えている。

◆ Blue Vintage Official Web ⇒ http://bluevintage.jp
◆ Blue Vintage Instagram ⇒ http://instagram.com/bluevinta……e_official
◆ Blue Vintage Youtube ⇒ https://www.youtube.com/channe……1fSraGEp4g
◆ Blue Vintage Facebook ⇒ https://www.facebook.com/bluev……tagemusic/
◆ Blue Vintage Twitter ⇒ https://twitter.com/_bluevintage_

関連アーティスト

Blue Vintage

関連リリース