カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

前作「あこがれ」から五年、【松井文】のセカンドアルバムがついにこの春発売!発売に先立ちアルバムダイジェスト動画を本日公開!

松井文1989年生まれ、横浜出身のシンガーソングライター松井文、前作1stアルバム「あこがれ」から5年、ついに待望の2ndアルバム「顔」が4月26日に発売される。

本作品は、折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル<のろしレコード>より通算4枚目のアルバム。
昨年、1stフルアルバム「たむけ」を発表し、好評を得ている折坂悠太が初のサウンドプロデュース。

参加ミュージシャンは、折坂悠太(vo,dr,gt,pf等)、竹口滉(gt,mand)、田中悠貴 ex THE NAMPA BOYS(ba)、三輪二郎(vo,g)、ハラナツコ(sax)、日南京佐(cello)。

収録楽曲は、これぞ松井文のフォークロック「ああ無常」。三輪二郎の歌とギターがうねる「安いバーボン」。
折坂悠太が楽曲提供した「水平線」や、ゴンザレス三上のツイートを元に作曲した「きみの顔が霞んでみえる」など、バンドサウンドと弾き語りの全10曲。

魅力的な歌声から語られる「うた世界」は説得力に富み、そのメロディーラインはヒトの心を打つ。
繊細であり豪胆、少年性と女性性の両面から表現される独自の世界観は多くのヒトの普遍的な在り様を表現する事に成功している。
ぶっきらぼうな歌声と、ひりひりとした詞の世界。これが今の時代のブルースか。
2017年春、新しい名盤の誕生です。

アルバム発売に先立ち、ライターの九龍ジョーは以下の推薦文を寄せている。


時代の⼤気をぐわしとつかむ松井⽂のフォークロック。
みんな思い出すだろう。君の話を聞きながら相づち打つだけで、
毎⽇はとっても過激だと。

九龍ジョー(ライター)

◆ 松井文「顔」アルバムダイジェスト映像
https://youtu.be/oXPLlPdpOC4



【リリース情報】

松井文『顔』松井文『顔』

2017.04.26 Release
DQC-1567 / ¥2,600+税
レーベル : のろしレコード

[収録曲]
01. 相槌
02. ああ無常
03. いつになったら
04. 安いバーボン
05. カエル
06. 海は遠かった
07. 水平線 (折坂悠太作)
08. 家路
09. きみの顔が霞んでみえる
10. すきま

【プロフィール】

平成元年生まれ。少年性と女性性の間を行き交う中性的な歌声。ガールズポップバンド、Piggy HedgehogのVo,Gとして、閃光ライオット2008に出場。2009年にバンドを解散し、弾き語りで歌い始める。祝春一番コンサート2012、2013、2014に出演。2012年9月、日本中を旅するブルースシンガーAZUMIプロデュースによる1st ALBUM「あこがれ」を全国リリース。2014年に拠点を東京に戻し、FMおだわらで自身の番組のパーソナリティーを務める。2015年折坂悠太、やくと共に「のろしレコード」旗揚げ。同名のコンピレーションアルバムをリリース。現在、年に2回のろしレコード企画「在りしひ」を開催。

◆ のろしレコード ⇒ http://noroshi-record.tumblr.com/

関連アーティスト

松井文

関連リリース