カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

Suchmos、12/12(土)「The Blow Your Mind Vol.1」@東京・六本木Super Deluxe ライブレポート!!

Suchmos / サチモス去る12月12日、Suchmosの初となる自主企画イベント「Suchmos The blow Your Mind vol.1」が開催された。
彼らがリスペクトするアーティストを招いて、対バンするライブシリーズの第1段。
今回は、東京・六本木Super Deluxe にて、ジャズ界の伊達男集団・SOIL&”PIMP”SESSIONSという大御所を迎えての、非常に豪華なイベントに!

日本一ライブチケットが取りにくい若手バンドという称号を、欲しいままにするだけあってこの日のチケットも即完。
争奪戦となったチケットを手にした人だけが集まっている。
そして場内は、ステージ後方の入り口まで人で埋め尽くされる程の盛況ぶりだ!

SOIL&”PIMP”SESSIONSが繰り広げる、まさに“圧巻”の生ジャズライブの後、Suchmosのステージは始まる。


Suchmosライブレポート「S.G.S 」の“We are Suchmos”というフレーズが場内に鳴り響く。オーディエンスの期待と歓喜が高まる中、HSU(B)、OK(Dr)、TAIKING(G)、KCEE(DJ)が壇上へ! ギターノイズを合図に、ファンキーでグルーヴィーなインストナンバー「S.G.S 2」へ転換し……フロントマン・YONCEの登場!!!!

彼が舞台に上がった瞬間、その圧倒的な存在感が、それまで踊っていたオーディエンスの視線を釘付けにする。
“そりゃタッパのあるイケメンなら当然でしょって”観ていない奴は思うだろう。
でも違う、そういうことじゃない。
とにかく目が離せないぐらいなんというのか……セクシーなのだ!
おそらく、会場中の男女の90%がそう思ったに違いない。

Suchmosライブレポートなんてカリスマティックな男なんだ、ずるいなチクショーとやっかみ半分に観ていると。
“カモン、DJ KCEE(ケイシー)ーーーーーーー”の掛け声で、DJ KCEEの大胆なスクラッチ!
からの「YMM」で観客をぐっとステージに引きこみ、場内の盛り上がりはいきなり最高潮!
本当にSuchmosというバンドは、オーディエンスを操るのがうまいバンドだなと普通に関心してしまう。「YMM」のキーでもある、HSUの男らしいベース音に聴き惚れていると、

YONCEの“Next tune is Alright!!”とともに始まる「Alright」。
(またもやシンプルに放った一言ですらかっこいい、惚れる。)
パンチの効いたリリックと、TAIKINGのギターリフが際立つ、4つ打ちのシンプルな楽曲。
Cメロから突然ギターの速弾きが始まり、それに続く他のメンバー!
熱をこめた“Alright”というフレーズを叫ぶYONCE。
Key.TAIHEIのスリリングなピアノが心地よい焦燥感とともに、観客をヒートアップさせる。
こうしたアレンジもライブのみのお楽しみだ。

Suchmosライブレポートそして、ここに来て今夜初のMC!
“神奈川県の芽ヶ崎からやってきたSuchmosです!”という地元愛溢れる自己紹介とともに、“今夜はぶっ飛ばしていくからお願いします!”とYONCE。それまでステージを支配していた男から一変、突然人懐っこいやんちゃな表情を観せ、女性客の心を鷲掴みにしたのは間違いないだろう。

そして、引き続きアルバム『THE BAY』から「Miree」と「GAGA」をドロップ!
この日の「Miree 」はTHE BAY ver.。
きらびやかなピアノとソウルフルな歌声に夢見心地になりつつも、例のあの歌詞が“六本木で飲んで”とお約束のアレンジがされているところではきちんとテンションをあげる現金な我らオーディエンス。
メロウな「Miree」でしっとりと踊ったところで、アッパーなビーチサウンド「GAGA」にチェンジ!
ここでもまたもや踊らされて、こんなにもアーティストと一体感のあるライブは久しぶりで、仕事を忘れて夢中になってしまった!

“あっというまに12月だって会話ができるぐらい忙しく過ごせたのは、皆さんのおかげです”と再びYONCEのMC。新曲を3曲披露することを発表し、我々の興奮度もMAXに!

1曲目は、ストレートなリリックをリズミカルに歌い上げる彼ららしいナンバー「STAY TUNE」。
そして、辛口なベースラインとギターリフのハードロック的サウンドを取り入れた2曲目の「DANBO」は、これまでのSuchmosの楽曲と比べるとかなり新鮮なものだった。
最後はすでにライブでおなじみの、スキャットを取り入れたジャジーな「BODY」。
まだ音源化されていない作品を楽しめるのはライブの魅力だが、一度に3曲もプレゼントなんて!!

Suchmosライブレポート3曲が終わると、さざ波のBGMを背景に“あっというまでした”とYONCEが一言。もちろん“えー!!!”と叫ぶ観客。それに対して“最高の驚愕の代名詞(笑)”とはにかむ姿にキュンとさせられる。
“最後は地元の歌でお別れします”とともに流れ始めるのは「Pacific」のメロディ。
高らかなファルセットと、メロウなサウンドが、会場の風を変える
“国道134号線に吹く風の曲です”とYONCE。
陳腐な言い回しだが、目を閉じたらそこに見たこともない茅ヶ崎の景色が浮かぶのではないかと思うほど、リラックスした空間を作り上げていた。

「Pacific」が終了。“また会いましょう、Suchmosでした”締めくくり去っていくメンバー。
観客全員が“えぇ、物足りない”と思ってたに違いない。そうに違いない。

Suchmos / サチモス鳴り止まぬ拍手の中、再びのSuchmos登場!!
2016年1月27日に発売されるEPや、ツアー情報を発表しつつ、 “2016年の目標としては、今年の倍ぐらいの体感速度で(ライブを)終わらせたいと思ってるんで!”と、強気な姿勢を見せてくれた。

お待ちかねのアンコール1曲目は、イベントタイトルでもある、ジャミロクワイの「Blow your mind」のカバー。
“この方たちにのってもらいましょう!”と登場したのは、SOIL&”PIMP”SESSIONSのダブゾンビさん(Tp)と元晴さん(sax)!
トランペットソロあり、サックスソロありと、スタイリッシュにキメてくれました。大人の魅力ぷんぷんなセッションに対し“たまんねぇな”とため息混じりに放った一言に、このステージがいかに満足度の高いものだったかが伺える。

“2016年、「も!」、大本命のバンドでいたいです”と自信に満ちた姿勢をアピールしつつ、“明日からが楽しいものになるように、悠々自適に生きていけるように”という言葉とともにラストを飾ったのは安定の「Life Easy」。伸びやかな歌声と、それに聴き入る観客とが1つになった瞬間。

本当に、本当に、あっという間の約1時間。

ライブ演出へのこだわりに命をかけるバンドが多い中、思い起こせば、彼らのライブはシンプルそのものだった。それでもSuchmosは観客の心を鷲掴みにする。

Suchmosライブレポートボーカリストである以上、スターであることにこだわるYONCE。
鋭い眼光と有無を言わせない威圧感、オリジナルで軽快なパフォーマンス、そしてファルセットから低音まで自在にこなす歌唱力は、はまさにステージキング。
そして、彼をスターに仕立てるため、あえて目立ったことはせず、楽器隊として音やリズムで勝負するTAIKING、HSU、TAIHEI、OK、KCEE。

ここまで書いておいてなんだが、Suchmosのライブパフォーマンスの破壊力は、観た人にしか伝わらない。男は興奮、女は恋をする程の威力を持っているのだ。

Suchmosライブバージンたち、早くライブチケットを手に入れるのだ!ここで1/27(水)に2nd E.P.「LOVE&VICE」の発売と初の全国ツアー開催の決定が発表された。全国一律2015年12月20日(日)23:59までチケット、ホームページ先行受付中!

text : eri umeda
photo : Shun Komiyama


Suchmosライブレポート
【セットリスト】
01. S.G.S. 2
02. YMM
03. Alright
04. Miree (THE BAY ver.)
05. GAGA
06. STAYTUNE (新曲)
07. DANBO (新曲)
08. BODY (新曲)
09. Pacific

【Encore】
01. Blow your mind (session)
02. Life Easy

【リリース情報】

Suchmos 2nd E.P.「LOVE&VICE」

2016.01.27 Release
・限定盤 [CD+DVD] PECF-9022 / ¥2,000+税
・通常盤 [CD] PECF-3159 / ¥1,000+税

[CD収録曲]
01. STAY TUNE
02. FACE
03. BODY
04. S.G.S.2

[DVD収録曲]
01. YMM
02. Burn
03. Alright
04. Miree
05. GET LADY
06. GIRL Feat.呂布
07. Pacific
08. BODY
09. Life Easy

【Suchmos「TOUR LOVE&VICE」】

■ 2016.04.02(SAT) @札幌 DUCE SAPPORO
OPEN 17:30 / START 18:00
前売りチケット : ¥2,800 (整理番号付き・ドリンク代別途・オールスタンディング)
GUEST有り
お問い合わせ : WESS (011-614-9999)

■ 2016.04.09(SAT) @福岡 the voodoo lounge
OPEN 17:30 / START 18:00
前売りチケット : ¥2,800 (整理番号付き・ドリンク代別途・オールスタンディング)
GUEST有り
お問い合わせ : BEA (092-712-4221)

■ 2016.04.10(SUN) @岡山 CRAZY MAMA 2nd Room
OPEN 17:30 / START 18:00
前売りチケット : ¥2,800 (整理番号付き・ドリンク代別途・オールスタンディング)
GUEST有り
お問い合わせ : CRAZY MAMA 2nd Room (086-225-9014)

■ 2016.04.16(SAT) @大阪 梅田 Shangri-la ※ワンマンライブ
OPEN 17:00 / START 18:00
前売りチケット : ¥3,000 (整理番号付き・ドリンク代別途・オールスタンディング)
お問い合わせ : 清水音泉 (06-6357-3666)

■ 2016.04.17(SUN) @愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
OPEN 17:15 / START 18:00
前売りチケット : ¥2,800 (整理番号付き・ドリンク代別途・オールスタンディング
GUEST有り
お問い合わせ : JAIL HOUSE (052-936-6041)

■ 2016.04.23(SAT) @東京 渋谷 CLUB QUATTRO ※ワンマンライブ
OPEN 17:00 / START 18:00
前売りチケット : ¥3,000 (整理番号付き・ドリンク代別途・オールスタンディング)
お問い合わせ : HOT STUFF PROMOTION (03-5720-9999)

【Suchoms「TOUR LOVE & VICE」HP先行開始!】
■ 受付URL : http://w.pia.jp/t/suchmos/
■ 受付期間 : 2015.12.12(土) 22:00 ~ 2015.12.20(日) 23:59

◆ Suchmos Official HP ⇒ http://www.suchmos.com/

関連アーティスト

Suchmos

関連リリース