カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

I Saw You Yesterday|今後の活動について

I Saw You YesterdayI Saw You Yesterdayのシモダヒデマサ(vo, g)が海外転勤のため日本を離れることとなりました。
それに伴い今後I Saw You Yesterdayの活動、主にライブ活動が従来通りに行えなくなることをご報告いたします。
今後は、年に数回ある一時帰国のタイミングに合わせ、企画やライブ活動などを行う予定です。
一時帰国は予めSNSなどで数週間前にアナウンスいたします。その際には是非ライブやイベントなどのお誘いを頂けたら幸いです。
尚、制作やレコーディングは方法を変化させつつ続け、音源リリースなどの活動は継続して参ります。
今後ともI Saw You Yesterdayをよろしくお願いいたします。

I Saw You Yesterday一同


いつもお世話になっている皆様へ、

まずはこのような状況でバンドを継続できることについて、
バンドメンバー及び我々を支えてくれている関係者・リスナーの皆様に改めて感謝を伝えさせて下さい。

皆様になかなか会えなくなるのは残念ですが、
バンドにとっても必ずしも悪い側面だけではないとポジティブに捉えています。

ライブの重要性は認識していますが、
直近はコロナ禍もあり、楽曲リリースやリモート配信など、従来のライブ以外の活動を通じてリスナーと繋がることの比重が大きくなっていると感じています。
そんな中、これを機に制作にフォーカスし、よりたくさんの楽曲をお届けできればと考えている次第です。

今後完全リモートでの制作になることについて懸念はあるものの、
I Saw You Yesterdayは結成から今年で7年目となり既に深い絆があります。
必ず乗り越えて良い作品をお届けできると確信していますので、引き続きリリースを楽しみにしていて下さい。

また、楽曲リリース以外でのリスナーの皆様との繋がり方についても模索していきます。

一時帰国の際にはライブを実施するので是非遊びに来て下さい。
引き続きI Saw You Yesterdayをよろしくお願いします。

シモダ ヒデマサ

I Saw You Yesterdayは、SGをまとめた集大成的アルバム「RECENT WORKS」をリリースしたばかり、2月25日(金)に下北沢BASEMENT BARで行われるイベント「月刊キャノンボール」がシモダ渡航前の最後のライブになる。

2021年5月に行われた世界のインディバンドが出演するフィリピンのAlternatrip主催のオンラインフェス「Alternatrip Presents: All Our Friends」に出演した際のライブ動画が公開。
「RECENT WORKS」に収録されている「Swedish Summer」「Wander」「Always」の3曲を演奏している。

◆I Saw You Yesterday – “All Our Friends” Music Festival 2021
https://youtu.be/ISY1J9V-dU4



I Saw You Yesterday | New Release 2022「RECENT WORKS」

90年代のオルタナティヴ・サウンドから影響を受けた哀愁漂うミニマルなリフレインから徐々に高揚していく二層のギター、タイトなリズムとダイナミックなヴォーカルが重なる音楽性で海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。
2020年5月「Wander」からスタートしたデジタル・リリースが話題となり、更なる飛躍が期待される中、今まで発表したSGをまとめた集大成的アルバム「RECENT WORKS」の発売が決定。
ボーナストラックには、2016年に結成した台湾のバンド、莉莉周她說(Lily Chou-Chou Lied)による「Always」のリミックスを収録。

「Wander」は、孤独、寂しさ、疎外感をテーマに作られた楽曲で夕暮れの景色を目に浮かばせる。ネオアコ/インディを想わせるイントロでスタートする「Still New」は、メロディの輪郭がはっきりとしたバンド史上屈指にポップな楽曲。「Float Away」は、少しダークな中に神聖さも感じられる楽曲で後半のシューゲイズ・パートも特徴。「Always」は、静粛な佇まいを感じさせるイントロから後半のシューゲイズパートが聴きどころの新たな代表曲。「Drown」は、90年代オルタナを彷彿とさせるアップテンポでパワフルなナンバーでバンドの新たな一面を覗かせている。「Darling」は、隙間を活かしたクリーントーンのギターが特徴のISYY流ポップソング、「Swedish Summer」は、タイトルの通り、爽やかながらも幽玄な印象を与える楽曲。
マスタリングは、Kentaro Kimura(KIMKEN STUDIO)、アートワークは、Ayaka Nakazawaが手掛けている。

2022年は、今後、更に新曲をリリース予定となっている。

I Saw You Yesterday『RECENT WORKS』I Saw You Yesterday『RECENT WORKS』

2022.01.26 Release
Digital / ISYY-8
Released by ISYY | SPACE SHOWER MUSIC
https://ssm.lnk.to/RW_ISYY

01. Wander
https://youtu.be/rRHgV1qd-Z4
02. Still New
03. Float Away
04. Always
https://youtu.be/DcuCz0I56ts
05. Drown
06. Darling
https://youtu.be/pu_ucobaDBg
07. Swedish Summer
https://youtu.be/AHEtgQcwUs0
08. Always (Lily Chou-Chou Lied Remix)

Lyrics & Music by Hidemasa Shimoda | Arranged by I Saw You Yesterday
8. Lyrics & Music by Hidemasa Shimoda | Remixed by Lily Chou-Chou Lied

「月刊キャノンボール」

■2022.02.25(金)
OPEN 18:00/START 18:30
ADV 2,000 Yen / 学生 1,000 Yen [+1D] ※要学生証
ACT SLMCT, Theティバ, I Saw You Yesterday
https://toos.co.jp/basementbar……3%83%ab-2/

I Saw You Yesterday

シモダヒデマサ (vo, g), ムラカミカイ (g, cho), スズキカズシゲ (ba), ウチジョウユウ (dr)

2015年結成した4人組バンド。2016年2月に4曲入の「Malibu EP」をAno(t)raksよりBandcampにて発表。
2017年1月に1ST ALBUM「DOVE」をリリース。2018年1月には、タイ|バンコクの「POW! FEST」に出演、初の海外公演を行なう。4月に2曲を収録した「Topia EP」をリリース。このリリース・ライブには、リミックスを担当したpavilion xoolをはじめ、SIRUP feat Shin Sakiura、Opus Innらが出演した。同2018年、RHYMING SLANGより日韓の8アーティストが参加したカセット・コンピレーション「FRESHALWAYSON X RHYMING SLANG」に参加。2019年11月に2ND ALBUM「Calm Days」を発表。2020年1月にはミツメ主催の「WWMM」に出演した。2020年5月から連続でシングルのリリース。5月13日にリリースした「Wander」がSPACE SHOWER TV「it!」、6月03日リリースした「Still New」がJ-WAVE「SONAR TRAX」に選出、8月にはこの2曲を収録した7INCHでリリースされるなど話題を集めている。

2020.08.26|7INCH「Wander」ISYY | SPACE SHOWER MUSIC
2019.11.13|2ND ALBUM「Calm Days」Dead Funny Records
2018.10.10|Remix SG「Topia (pavilion xool Remix)」Dead Funny Records
2018.07.01|Compilation「FRESHALWAYSON X RHYMING SLANG」RHYMING SLANG
2018.04.11|SG「Topia EP」Dead Funny Records
2017.04.05|1ST ALBUM「DOVE」Dead Funny Records
2016.02.01|DEBUT EP「Malibu EP」Ano(t)raks

関連アーティスト

I Saw You Yesterday

関連リリース