カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

HAKASE-SUN、10月20日発売のニューアルバム「Let It Shine ! Let It Shine !! Let It Shine !!!」の詳細を公開!アルバムより、ジャパニーズ・レゲエ界の最重鎮、元MUTE BEAT こだま和文氏による貴重な録り下ろし音源、こだま和文 & HAKASE-SUN「cafe à la dub」がついにリリース。

HAKASE-SUNジャパニーズ・レゲエ界の最重鎮、元MUTE BEAT こだま和文氏による貴重な録り下ろし音源がついにリリース。
氏がリーダーを務める KODAMA & The Dub Station Band のメンバーでもあるHAKASE-SUNの強いラブコールにより、夢の師弟コラボがついに実現した・・・
楽曲は、この春テレビ東京で放映され大きな話題を呼んだドラマ「珈琲いかがでしょう」(主演:中村倫也 )で使用されたテーマソングを、作曲者であるHAKASE-SUNがオリジナルとは全く異なる楽想でレゲエ・ダブトラックとして仕立てたもの。
ハートを鷲掴みにする最強の哀愁トラック、おそらく2021年のこだま氏唯一無二のレコーディング音源となるであろう、これは間違いなく必聴、聴き逃せないです !!!
HAKASE-SUNソロ・デビュー20周年を飾る、彼のキャリアにおけるマスターピースとも言える10月20日リリースの最新アルバム「Let It Shine ! Let It Shine !! Let It Shine !!!」からの第3弾先行配信曲。
もう、間違いのない仕上がりです。


こだま和文 & HAKASE-SUN『cafe à la dub』こだま和文 & HAKASE-SUN『cafe à la dub』

2021.09.29 Release
Digital / NGCA-1061_3
Released by NGMR
https://ssm.lnk.to/cald

ARIWA & HAKASE-SUN『Ambitious Love』ARIWA & HAKASE-SUN『Ambitious Love』

2021.09.08 Release
Digital / NGCA-1061_2
Released by NGMR
https://ssm.lnk.to/AmbitiousLove

HAKASE-SUNHAKASE-SUN『子午線ブリーズ ~ Meridian Breeze ~』

2021.08.18 Release
Digital / NGCA-1061_1
Released by NGMR
https://ssm.lnk.to/SBMB

HAKASE-SUN『Let It Shine ! Let It Shine !! Let It Shine !!!』HAKASE-SUN『Let It Shine ! Let It Shine !! Let It Shine !!!』

2021.10.20 Release
CD+Digital / NGCA-1061 / ¥2,600
Released by NGMR

01. Please Mr. Sunshine
02. bFGF
03. 子午線ブリーズ ~ Meridian Breeze ~
04. Ital Notes
05. Reggae Shangri-La
06. poco a poco (ここは何処?)
07. Darling Street Shuffle
08. Cyborg Jungle
09. Peace Y’all
10. こだま和文 with HAKASE-SUN / cafe à la dub
11. Ska Glorioso ~ ARARAGAMA SKA
12. Happy Zappy Day
13. ARIWA with HAKASE-SUN / Ambitious Love
14. Spanish Harlem [ composer : PHIL SPECTOR]
15. Lovey Dovey Stylee

All tunes composed by HAKASE-SUN
except M14 “ Spanish Harlem “ written by JERRY LEIBER / PHILIP SPECTOR
published by MOTHER BERTHA MUSIC INC /ABKCO MUSIC INC / SONY/ATV SONGS LLC

Musicians

HAKASE-SUN : AKAI MPC 3000 , 4000 & 5000 programming , Hammond Organ , Keyboards

NODATIN : E.Guitars , Acoustic Guitar ( on M2,4,5,8,9,13,15 )
秋廣真一郎 : E.Guitars ( on M3,6,7,10,11,12 )
石井マサユキ : E.Guitars , Acoustic Guitar ( on M1,14 )

武嶋 聡 : Tenor Sax , Alto Sax , Soprano Sax , Flute , Clarinet ( on M1,6,7,11,13,14,15 )
市原 icchie 大資 : Trumpet ( on M7,11,15 ) , Trombone ( on M5,12 )
ARIWA : Vocal ( on M13 ) , Trombone ( on M7,11,15 )

Special guest player こだま和文 ( From Dub Station ) : Trumpet ( on M10 )

Rafael Frias : MC ( Ska Jazz Messengers from Venezuela on M2 )

All tracks recorded , mixed by HAKASE-SUN

Basic Tracks recorded & mixed at HAK’S HEAD ROOM ( Tokyo , Japan )

Guitar & horns , vocal recorded at IDEAL MUSIC FABRIK ( Meguro , Tokyo )
NODATIN’s guitars recorded at Green & Beach Studio ( Chigasaki , Kanagawa )
Recording assisted by 羽山 治 , 中村 浩久

CD mastering by 田中 三一 , 風間 萌 ( Studio Chatri )

Sleeve design & art direction by 齋藤徹史 ( Hi Life )
Photo by RYO SAITO , HAKASE-SUN ( Kodama san’s portrait ) , ARIWA ( selfie )

Special thanks to 河内洋祐 , KURASHI事務所 , かまいキッチン

A&R : 羽山 治 ( NGMR / IDEAL MUSIC LLC. )
Distribution & promotion : 関 賢二 ( SPACE SHOWER NETWORKS INC. )

HAKASE-SUN、5年半ぶりのアルバムは「輝ける人の、輝ける人による、輝ける人のための」桃源郷レゲエ・インスト集 !!! 収録曲15曲、総収録時間70分以上に及ぶ充実作。ゲスト曲2曲のほか、リズム&ブルースの巨匠BEN E. KINGの名唱で有名なPhil Spector作曲の「Spanish Harlem」をカヴァー。

今回もHAKASE-SUNファンの期待を裏切らないナイス&スムースなインストレゲエチューンを連発、カバー曲以外は全て書き下ろし新作。現在飛ぶ鳥を落とす勢いの女性レゲエシンガー、日本の女性ロックバンドの先駆けである 元ゼルダのSAYOKOを母に持つARIWAを起用。HAKASE-SUNが詞曲を担当した、フィッシュマンズ以来27年ぶりの作詞となる「Ambitious Love」は古いアメリカのロード・ムービーさながらのレイドバック感覚溢れる、究極の精神的エクスタシーに満ちたラブソングとなっている。また、元 MUTE BEAT、現KODAMA & The Dub Station Bandのトランペッターこだま和文氏を迎えた「cafe à la dub 」は、この春テレビ東京で放映され大好評を博した深夜ドラマ「珈琲いかがでしょう」( HAKASE-SUNが劇伴音楽を担当) のメインテーマ曲を全く異なる楽想でセルフカヴァーしたもの。こだま氏のおそらく2021年唯一のレコーディング音源となるであろう貴重なトラックは、ダブ的な美学に満ち満ちた光を放ち、人々の耳目を集めることは間違いないだろう。

ゲストプレイヤーはホーンに前回同様、古巣EGO-WRAPPIN’を始め星野源やレキシ等でも活躍する超人気プレイヤー武嶋聡を中心に、伝説のスカバンド元The Determinations、現 Yossy Little Noise Weaverの市原 icchie 大資を迎え、ギターにはHAKASE-SUNの旧友でありレゲエ界のトップ・ギタリストNODATINと秋廣真一郎の2名に加え、ハナレグミやCHEMISTRYの堂珍嘉邦のバンドで絶大な信頼を得ている石井マサユキを起用。なお1アルバムでギタリストを3人迎えるのは初めてのことである。HAKASE-SUNの2021年その他の活動としては前述のテレ東ドラマ「珈琲いかがでしょう」劇伴音楽担当のほか、現在オンエア中のTVCM「象印姉妹」音楽担当、また7月09日に全国公開されたドキュメンタリー「映画 : フィッシュマンズ」に当時のメンバーとして出演している。

Spanish Harlem|Ambitious LoveHAKASE-SUN(ハカセサン)|ARIWA & HAKASE-SUN(アリワ アンド ハカセサン)
『Spanish Harlem|Ambitious Love [7INCH](スパニッシュハーレム アンビシャスラブ セブンインチ)』


リリース日 : 2021年11月13日(土)
品番 : TBV-0016
販売価格 : 1,980円
仕様 : 7INCH
レーベル : NGMR | TUFF VINYL

[トラックリスト]
A. HAKASE-SUN / Spanish Harlem
“Spanish Harlem” written by JERRY LEIBER / PHILIP SPECTOR
published by MOTHER BERTHA MUSIC INC /ABKCO MUSIC INC / SONY/ATV SONGS LLC
AA. ARIWA & HAKASE-SUN / Ambitious Love

A面はHAKASE-SUN 6年ぶりのアルバム「Let It Shine ! Let It Shine !! Let It Shine !!!」より、リズム&ブルースの巨匠BEN E. KINGの名唱で有名なPhil Spector作曲の「Spanish Harlem」のインストカヴァー。AA面は現在飛ぶ鳥を落とす勢いの女性レゲエシンガー、日本の女性ロックバンドの先駆けである元ゼルダのSAYOKOを母に持つARIWAを起用した「Ambitious Love」。作曲に加えてHAKASE-SUNがフィッシュマンズ以来27年ぶりに作詞を手がけ、古いアメリカのロード・ムービーさながらのレイドバック感覚溢れる、究極の精神的エクスタシーに満ちたラブソングとなっている。

HAKASE-SUN

今年キャリア30周年、ソロ・デビュー20周年を迎えるレゲエ・キーボーディスト。
大阪府出身。上京後、FISHMANSに1990年加入、翌91年にメジャーデビューの後5年間活動。
95年に脱退後、Little Tempoに加入。2001年よりHAKASE-SUN名義でソロ活動をスタート。
10枚以上のアルバムをリリース。インストゥルメンタルのオルガンレゲエ・サウンドでTVやラジオでのBGM使用実績多数。
2008年、映画「人のセックスを笑うな」のサントラ盤をプロデュース、収録曲「Angel」はロング・セラーを記録している。
現在は、Little Tempo、FISHMANSのメンバーとしての活動のほか、
KODAMA&The Dub Station Band、OKI DUB AINU BAND、川上つよしと彼のムードメイカーズ、竹中直人&オレンジ気分のメンバーとして国内外での演奏活動を繰り広げている。

関連アーティスト

HAKASE-SUN / こだま和文 & HAKASE-SUN

関連リリース