カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

青葉市子、最新アルバム『アダンの風』記念コンサートの一般発売スタート & レコード詳細公開。

青葉市子6月21日(月)に「渋谷Bunkamuraオーチャードホール」で開催される、青葉市子の最新アルバム『アダンの風』記念コンサート。

青葉のキャリアにおいても過去最大規模のコンサートとして注目を集める中、本日4月26日より、チケット一般発売がスタートした。
合わせて、コンサート当日から国内外で視聴可能となるライブ配信についても、その詳細と共にチケット発売が開始。

昨年から今年にかけて、活動10周年、自主レーベル「hermine」設立、新作アルバムの発表と、節目となる大きな出来事が続いた青葉市子。
そのひとつの集大成といえる2ヶ月後に控えた本公演について、本人によるコメントが公開されている。

また、国内外より問い合わせの多かった同アルバムのレコードについても、詳細が発表。
7月7日の一般発売に先駆けて、6月21日にコンサート会場と公式オンラインショップで先行販売される。


【本人コメント】

たった30年ぽっちの人生でも、振り返れば目が眩むような記憶の群れが、まるで満点の星空か、夜光虫のように点滅して、そこで無我夢中に跳ねたり踊ったりしているうちに、「アダンの風」は生まれました。

このたびは、6月、オーチャードホールにて。音楽世界をともに作り上げてくださった、録音時と同じフルメンバーでコンサートを行います。

作編曲を共にしてくださった梅林太郎さんも、ひとりの演奏家としてステージに立ち、音響は葛西敏彦さん、舞台演出は小林光大さんと、アダンの風の軸となった方々で創り上げます。また「Porcelain」のMV製作陣も、美術や映像配信へと力を合わせてくださいます。

ひとりひとりが、こうして、この時代に、星団のように光を灯しあって共鳴できることをうれしく想います。偶々かもしれない、けれどこのピースでなければこうはならない。そのひとつの欠片に、ぜひ、なって、感じていただけたら嬉しいです。

この先も、音楽にできることは何か、考え続けていきます。

青葉市子

Even with just 30 years of life, when I look back, there’s a huddle of
dazzling memories like a sky full of stars blinking like a noctiluca,
and while jumping and dancing feverishly in those moments, “Windswept
Adan” was born.

This June, at Orchard Hall. I will be holding a concert with the same
members that recorded this album and created this music world with me.

Taro Umebayashi who co-wrote and arranged this album will be
performing on stage as a performer, Toshihiko Kasai as the PA, and
Kodai Kobayashi as the stage director. As you can see, I will be
joined on stage with all the people that were the core of “Windswept
Adan”. Also, the team that created the “Porcelain” music video will
be joining me for the set design and visual streaming.

I am so happy that each one of us can resonate like a cluster of
stars, shining together in this day and age. We may be even-even
pieces, but it won’t be like this if any piece was missing. I hope you
can join us to become one of the pieces and feel this with us.

From here on as well, I will never stop thinking about what can be
done through music.

Ichiko Aoba

青葉市子【公演情報とチケット購入】

ICHIKO AOBA “Windswept Adan” Concert

公演日:2021年6月21日(月)
会場:Bunkamura オーチャードホール
開場:17:30 開演:18:30
料金:¥6,600 (税込) *全席指定

イープラス
https://eplus.jp/ia21e/

ローソンチケット(Lコード:71861)
https://l-tike.com/order/?gLcode=71861

チケットぴあ(Pコード:196-544)
https://w.pia.jp/t/ichikoaoba-t/
※WEB受付のみ

Bunkamura
https://my.bunkamura.co.jp/tic……index/3641
※WEB受付のみ/電話受付・店頭販売なし
※全席指定
※お一人さま4枚まで
※無くなり次第終了
※4歳以上チケット必要、3歳以下席が必要な場合はチケット必要

【ライブ配信とチケット購入】

視聴チケット販売日:2021年4月26日(月)10:00~2021年6月27日(日)22:00
料金:¥3,300(税込)
https://eplus.jp/ia21st/

ライブ来場者限定視聴チケット
料金:¥1,650(税込)
※購入方法は公演当日会場で案内予定
※アーカイブ視聴あり *2021年6月21日(月)~2021年6月27日(日)23:59

青葉市子【レコード情報】

青葉市子『アダンの風』

形態:12インチ アナログ盤(2枚組)
定価:¥5,500(税込)
品番:DQJ-9001
発売日:2021年7月7日(水)
レーベル:hermine
発売元:piano/hermine/スペースシャワーミュージック

[収録内容]
Side A: 01 Prologue 02 Pilgrimage 03 Porcelain
Side B: 04 帆衣 05 Easter Lily 06 Parfum d’étoiles
Side C: 07 霧鳴島 08 Sagu Palmʼs Song 09 chinuhaji 10 血の風
Side D: 11 Hagupit 12 Dawn in the Adan 13 ohayashi 14 アダンの島の誕生祭

[予約受付]
2021年4月26日(月)より、青葉市子オフィシャルWEB SHOPと全国のCDレコード店で予約受付スタート

[先行発売]
2021年6月21日(月)より、青葉市子オフィシャルWEB SHOP、同日に渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催される「ICHIKO AOBA “Windswept Adan” Concert」にて、先行発売。特典ポストカード付き。

◆オフィシャルWEB SHOP
https://ichikoaoba.theshop.jp/……s/43301372

◆ICHIKO AOBA “Windswept Adan” Concert
https://eplus.jp/ia21e/

青葉市子 / Ichiko Aoba

音楽家。1990年1月28日生まれ。2010年にファーストアルバム『剃刀乙女』を発表以降、これまでに6枚のソロアルバムをリリース。うたとクラシックギターをたずさえ、日本各地、世界各国で音楽を奏でる。弾き語りの傍ら、ナレーションやCM、舞台音楽の制作、芸術祭でのインスタレーション作品発表など、さまざまなフィールドで創作を行う。活動10周年を迎えた2020年、自主レーベル「hermine」(エルミン)を設立。体温の宿った幻想世界を描き続けている。12月2日(水)、”架空の映画のためのサウンドトラック”として、最新作『アダンの風』を発表した。

http://www.ichikoaoba.com
https://hermine.jp/

◆アダンの風 特設サイト
https://hermine.jp/windsweptad……index.html

関連アーティスト

青葉市子

関連リリース