カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

樋口了一、水曜どうでしょう祭2019でお披露目されたMV「永遠のラストショウ」を公開。

樋口了一あの、「水曜どうでしょう」の応援歌「永遠のラストショウ」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「永遠のラストショウ」は6月19日(水)にリリースされた楽曲。
MVは「水曜どうでしょう」祭2019で3日間に渡って公開された。
歌詞をメインにした手作り感満載のアニメ仕様で「どうでしょう」の名場面を彷彿とさせるシーンがちりばめられており、エンディングの場面は、思わず涙する、「どうでしょう」ファンにとっては堪らない内容になっている。
企画立案:鈴井貴之、監修:藤村忠寿、アニメ制作:ByGee Beeで送るそれこそ「水曜どうでしょう」のメンバー・スタッフ藤村忠寿と鈴井貴之によって展開されるショートストーリーとなっている。

12月15日からは「水曜どうでしょう」の新作も始まり、それにあわせて樋口了一も関東、関西でサーキットライブが企画されている。


◆樋口了一 “永遠のラストショウ” (Official Music Video)
https://youtu.be/R3X5OsEFw3I



樋口了一『永遠のラストショウ』【リリース情報】

樋口了一
『永遠のラストショウ』


CD及びデジタル配信中(ハイレゾ含む)
https://ssm.lnk.to/eternallastshow

1/6の夢旅人2002(オリジナル)/ 1/6の夢旅人樋口了一
『1/6の夢旅人2002(オリジナル)/ 1/6の夢旅人』


デジタル配信中(ハイレゾ含む)

【樋口了一プロフィール】

1964年2月2日生まれ。シンガーソングライター。熊本県出身。’93年「いまでも」で、東芝EMIからデビュー。’03年3月“水曜どうでしょう”のエンディングテーマ「1/6の夢旅人2002」をCDリリース。インディーズながら15万枚を売り上げる。その後、テイチクエンタテインメントより、‘08年10月「手紙」~親愛なる子供たちへ~を、’10年2月アルバム「よろこびのうた」リリース。’09年2月「手紙」を届ける、ポストマンライブスタート。「手紙~親愛なる子供たちへ~」で日本レコード大賞優秀作品賞、日本有線大賞有線音楽優秀賞を受賞。’12年2月シングルTegami~Carta aos meus fihos amados~リリース。’12年11月にリード曲“のぞみ”を含むアルバム「了~はじまりの風~」リリース。CD「手紙~親愛なる子供たちへ~」は16万枚を超えるヒットとなる。NHKでは2014年10月に作曲で「山鹿のピアノ」がみんなのうたでOn Airされた。熊本地震に被災後、支援ソング「小さき花の歌」配信開始。アーティスト活動のかたわら、SMAP や郷ひろみさん、石川さゆりさん中島美嘉さんなどに楽曲を提供。ちょうど、代表曲「手紙」が大きな反響を呼んだ時期と重なるようにギターが弾きにくくなったり、声が思う様に出せなくなったり、と体に異変を感じ、整体、鍼、整形外科、かみ合わせ、神経内科等々14カ所もの病院へ行っても原因がわからないという経験をする。その後パーキンソン病と判明。現在は病気と向き合いながら活動を続けている。先の熊本地震の復興ソング、「小さき花の歌」をテイチクエンタテインメントより、配信でリリース。

◆樋口了一のオフィシャルHP ⇒ http://higuchiryoichi.com

【Media】

樋口了一の帰ってきた夢旅人
・日曜日 07:30~08:00 エフエム熊本
・日曜日 12:30~13:00 RNC西日本放送
・木曜日 23:00~23:30 ラジオNIKKEI第1
樋口了一の風一途
・土曜日 20:30~20:55 RKK熊本放送

RADIKOプレミアム(有料)に登録されますと、PC スマートフォンなどで全国から聴くことができます。
ドコデモFM(有料)に登録されますと、スマートフォンで全国から聴くことが出来ます。

関連アーティスト

樋口了一

関連リリース