カテゴリを指定する
バックナンバー

NEWS

15周年を迎えるM-Swift松下昇平が世界に向けて放つニュープロジェクト”Folks Cinematic Jazz Ensemble”第1弾シングル『Folklore』リリース!!

Folks Cinematic Jazz Ensemble ファーストシングル『Folklore』架空の映画のサウンドトラックをコンセプトに、映像的な音楽を追求するジャズセクステットFolks Cinematic Jazz Ensembleのファーストシングル。
ファーストアルバムFolks Cinematic Jazz Ensembleからのシングルカット。
美しいピアノと哀愁のあるトランペットが印象的な、コンテンポラリーで洗練された手法ながらも、どこか懐かしい叙景的なメロディーが際立つ一曲となっている。
抑えられたインプロヴァイズの中にFolksのもうひとうのコンセプトである”静かなる情熱”を感じ取ることができる作品となっている。
また本作では、現在ロンドンで注目の写真家”ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現。
ネモの写真作品と連動。
人間が旅を通じて再生していくストーリーを現実と虚構が交錯するネモ独特の手法で表現していく。
2019年7月3日よりSpotify、Apple Musicなど各配信サービスで配信スタート。
また7月24日にはセカンドシングルのリリースも決定!今後の動向に注目が集まる。


【RELEASE INFORMATION】

Folks Cinematic Jazz Ensemble
ファーストシングル『Folklore』


2019.07.03 Digital Release
https://ssm.lnk.to/folklore

Folks Cinematic Jazz Ensemble Biography

架空の映画のサウンドトラックをコンセプトに、映像的な音楽を追求するジャズセクステット。M-Swiftとして、イタリアIRMA RecordsやイギリスFree Style Recordsをはじめ、ヨーロッパや日本のメジャーレーベルから数々の作品をリリースする松下昇平を中心に結成。ピアニスト堀秀彰、東京のジャズシーンの新星トランペッター Yusuke Saseら7人が参加。ジャズをルーツに、レゲエ、ロック、チルアウトなど多様な音楽を飲みこむ新たなスタイルを追求している。架空のロードムービーのサウンドトラックとして紡がれたファーストアルバムFolks Cinematic Jazz Ensemble 01を2019年9月にリリースする。本作品では、現在ロンドンで注目の写真家”ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現。曲それぞれのアートワークがネモの写真作品と連動。音楽以外の表現手法とも積極的にコラボレーションを進めている。

Folks Cinematic Jazz Ensemble
Guitar : 松下昇平 (M-Swift)
Piano : 堀秀彰
Drums : 服部正嗣
Bass : 中林薫平
Trumpet : 佐瀬悠輔
Bariton and Tenor Sax : 小笠原 涼
Photographer : ネモ・ロバーツ

今後のリリース予定
ファーストシングル「Folklore」2019年7月3日デジタルリリース
セカンドシングル「The Sun Sinking Into The Sea」2019年7月24日デジタルリリース
サードシングル「A Man’s Step on a Pale Path」2019年8月中旬デジタルリリース予定

関連アーティスト

Folks Cinematic Jazz Ensemble

関連リリース