バックナンバー

2018.07.26 UP
2018年大注目のロッバンド

ニトロデイが前作「青年ナイフEP」より1年ぶりとなる2nd EP「レモンドEP」を完成させた。
2016年「RO69 JACK」にて優勝を果たし、COUNTDOWN JAPAN 2016に出演。
90年代オルタナティヴロッからの影響を詰め込んだ2017年リリースの1st EP「青年ナイフEP」が、楽曲とライブパフォーマンスが口コミで話題を呼び、著名なミュージシャンや音楽関係者がファンであることを公言。
そして2018年大きな注目を集める中リリースとなる2nd EP「レモンドEP」。
夏をテーマに制作され、ユース感があり、青春が迸り、サウンドは前作以上に爆音でアッパー&パンッシュな演奏ながら、練りこまれたアレンジは初期衝動だけでは終わらないバンドの進化を感じ、そのサウンドの中をヴォーカル小室ぺいが独特な歌詞世界を気怠さを感じさせながらも全霊で歌い叫ぶ。90年代オルタナティヴロッからの影響を大きく感じるサウンドの中に青春が迸る、今のニトロデイでなくては完成出来なかったであろう渾身の5曲入りEP。
2018年に18歳の彼らが放つ”甘酸っぱかった”夏のアルバム『レモンドEP』。今年、ニトロデイが大きく動き出す。

ニトロデイ『レモンドEP』2018.07.25 RELEASE
ニトロデイ『レモンドEP』
[収録曲]
01. レモンド
02. グミ
03. 向日葵
04. 氷菓
05. ユース
PECF-3205 / ¥1,389+税
レーベル : SPACE SHOWER MUSIC / Beacon
https://ssm.lnk.to/lemoned


ニトロデイ PROFILE

・小室ぺい (ギボ)
・やぎひろみ (ジャズマスター)
・松島早紀 (ベイス オン ベイス)
・岩方ロクロー (ドラムス)

ニトロデイは平均年齢18 歳ながら、そのサウンドは90 年代のオルタナ愛に溢れ、ローファイな爆音オルタナティブロックを演奏する。ART-SCHOOL、THE NOVEMBERS、uri gagarn、向井秀徳、HUSKING BEEなどとの共演やオープンニングアクトへの抜擢によって一躍注目を集めた。吐き出す用にシャウトするヴォーカル小室ぺいの独特の語感によって描かれるキャッチーでフックのある歌、初期衝動丸出しのやぎひろみの破壊的轟音なギターサウンド、それを支える屈強なリズム隊。初期衝動は勿論、それだけでは終わらない大きな可能性を秘めた、2018年最も大きな注目を集めているロックバンドである。

◆ ニトロデイ オフィシャルサイト
http://artist.aremond.net/nitroday/



関連アーティスト

ニトロデイ

関連リリース