バックナンバー

2015.10.30 UP
WANIMA待望のファーストフルアルバムいよいよ発売!!

キタコレ! というのはこういうタイミングで使う言葉なのか。はぁ?ずっと前からキテるよ、と呆れ顔のパンクキッズも相当数いるだろうが、もっと広義で、日本のロックミュージック、ひいてはポップミュージックの世界という視点を入れても、いよいよ、WANIMAがキテいる。今のところは勝負作。いずれ出世作と呼ばれ、のちのちは代表作のひとつになるであろうアルバムが、この『Are You Coming?』だ。
ピザオブデスが、レーベルとして契約しただけでなく、マネジメントも手掛ける初のバンド。そんな触れ込みで2014年にデビューした彼らは、「鳴り物入り」という言葉に相応しいスピードでパンクシーンの台風の目となった。その熱量を現場で体感しノックアウトされた人もいれば、やたら元気だし憎めないから売れるよねと遠巻きに納得した方も、こういうお祭りバンドはいつの時代もいるものだとスルーした方もいるだろう。後者に届くだけの歌詞や発言を、まだ若い彼らが持っていないという現実はある。今もないのかもしれない。でも、まずは楽曲が先に来た。年齢やルーツというそれぞれの事情をすっ飛ばし、聴き始めれば一気に引き込まれ停止ボタンを押すことを許さない楽曲の勢い。それが今回はことさら強いのだ。
90’Sメロディックパンクの荒々しさ、00年代に発展した日本語ロックの日常的なメッセージ、さらにラップやレゲエが日常にあった世代特有の言葉遊びとリズム感。WANIMAがやっているのはそれ以上でも以下でもなく、特別新しいプラスアルファーがあるわけではない。しかしこの音の鮮烈さはどうだ。間違いなくメロディックパンクの系譜にあるのに、確実にアップデートされている。小利口な細工を加えたり、わかりやすく薄めたりという手法を取らないまま、ただナチュラルで貪欲な欲望だけが加速して、今までにない衝撃を与えてくれる。もはやパンクにもロックそのものにも体力がない時代、だからこそ小手先は通用しないと本能で理解しているのだろうか。
誤解を恐れずに言うなら、これは20年前にハイ・スタンダードが登場した時とまったく同じなのである。
バンドブーム終焉後の諦念から始まったハイスタは、だからこそ何でもアリで、持たざる者たちのヒーローになれた。20年を経た今、WANIMAが現れ、ピザオブデスがそこに光を見い出したのは必然だったと、このアルバムを聴いて初めて理解した。やたらキャッチーなお祭りバンドじゃないかという批判はハイスタにも寄せられた。それだけじゃない説得力を音楽で跳ね返すことができるのか。
それをWANIMAが今やらんとしている。感じるままの言葉をめちゃくちゃ自由に掻き集め、ポップソングとして永遠に残るメロディに乗せて、全力でぶっ放す。どちらのバンドも使命など背負っていない。ただ自分たちのワクワクだけを爆発させている。その眩しさに引き込まれないでいられるか?無理だ。

WANIMA「 Are You Coming? 」2015.11.04 In Stores
WANIMA / Are You Coming?
[TRACK LIST]
01. ここから
02. 夏の面影
03. いつもの流れ
04. Japanese Pride
05. SLOW
06. TRACE
07. 1CHANCE
08. リベンジ
09. いいから
10. Hey yo…
11. エル
12. THANX
13. また逢える日まで
PZCA-76 / ¥2,300+税
レーベル : PIZZA OF DEATH RECORDS
購入する

WANIMA PROFILE

熊本出身の松本健太(Vo, B)、西田光真(G)を中心に2010年初夏に結成されたメロディックパンクバンド。12年12月に同じく熊本出身の藤原弘樹(Dr)が加入し、現在の編成となり東京を中心に活動。
これまでに制作したデモ作品3枚は、初めてライヴを見た約3割ものキッズがデモを購入していくという驚異的状況を生み出し現在までに手売りで4千枚を突破。14年にPIZZA OF DEATHが、レーベルとして初めてマネジメント契約をしたことを発表。音楽性の高さはもとより話題性も呼んで注目度が高い。同年10月、同レーベルより1stミニアルバム「Can Not Behaved!!」をリリース、11月全国ツアー「Can Not Behaved Tour」33箇所(20公演ソールドアウト)。ファイナルは渋谷O-WEST。その後PUNK SPRING 2015、Viva La Rock 2015、Japan Jam Beach 2015、百万石音楽祭、SATANIC CARNIVAL、DEAD POP FESTiVAL 2015、京都大作戦、Join Alive、Rock In Japan Festival 2015、Rush Ball 2015 軒並み大型フェスティバルへの出演を果たしている。

◆ WANIMA Official Site
http://wanima.net/
◆ WANIMA Official Twitter
https://twitter.com/WANIMA_OFFICIAL
◆ WANIMA Official Instagram
https://instagram.com/wanima_wanima/

Are You Coming ? Tour

■ 2015.11.21 @渋谷 TSUTAYA O-WEST
■ 2015.11.26 @神戸 太陽と虎
■ 2015.11.27 @京都 MUSE
■ 2015.11.29 @岡山 YEBISU YA PRO
■ 2015.12.02 @高崎 club FLEEZ
■ 2015.12.03 @郡山 HIP SHOT
■ 2015.12.05 @弘前 Mag-Net
■ 2015.12.06 @秋田 Club SWINDLE
■ 2015.12.08 @盛岡 Club Change WAVE
■ 2015.12.09 @仙台 CLUB JUNK BOX
■ 2015.12.10 @新潟 LOTS
■ 2015.12.12 @富山 SOUL POWER
■ 2015.12.13 @福井 CHOP
■ 2015.12.15 @横浜 F.A.D YOKOHAMA
■ 2016.01.15 @浜松 窓枠
■ 2016.01.16 @静岡 UMBER
■ 2016.01.29 @長野 LIVE HOUSE J
■ 2016.01.31 @金沢 EIGHTHALL
■ 2016.02.04 @山口 周南 RISING HALL
■ 2016.02.05 @広島 CLUB QUATTRO
■ 2016.02.07 @大阪 Namba Hatch
■ 2016.02.09 @福岡 DRUM Be-1
■ 2016.02.11 @鹿児島 Caparvo Hall
■ 2016.02.12 @宮崎 SR BOX
■ 2016.02.14 @熊本 DRUM B.9 V1
■ 2016.02.16 @長崎 DRUM Be-7
■ 2016.02.17 @大分 DRUM Be-0
■ 2016.02.19 @松山 WstudioRED
■ 2016.02.21 @名古屋 DIAMOND HALL
[Final]
■ 2016.02.27 @東京 Zepp DiverCity

関連アーティスト

WANIMA

関連リリース