バックナンバー

2015.08.31 UP
Ken Yokoyama約3年ぶりのFull Album!!

意欲作! 冒険作! あるいは……問題作?
そんな周囲のどよめきをよそに、「I Don’t Care!(=気にしない)」と連呼する横山健は、笑顔でシャッフルビート。ありありと目に浮かぶのは、チャック・ベリーよろしく腰を落とし、エルヴィスばりに腰をくねらせ、心の中ではブライアン・セッツァーと同じリーゼントを揺らしている姿だ。日本におけるメロディック・パンクの創始者であり、今もシーンの頂点に君臨する横山健。彼のソロ6作目は、なんと、見事に、ロックンロールだ!
生涯パンクスとしての考え方は変わらない。しかしルーツを紐解けば、横山はパンクに目覚める前からロックンロールと出会い、50~60年代の音楽を漁ってきた耳の持ち主。それは過去にカバーしてきたタイトルを振り返れば一目瞭然であり、いつか古い名曲ばかりを扱うカバーバンドをやってみたいと無邪気に語る姿も、ここ数年で何度か目撃したものだ。
その欲望は、初めてのセミ・アコースティック・ギターを手にしたことから加速する。まずはギブソンのESシリーズ、さらにはロックンロールの王道たるグレッチへ。改めてロックンロールに惚れ直し、ギターの奥深さを思い知る日々。夢中で新曲を書き続け、それらをKen Yokoyama名義で発表するためにバランスを調整したのは後のことだ。とにかく、ギタリストとしての探究心が爆発した。こんな感覚は過去に一度もなかったという。
前作『Best Wishes』のシリアスな熱量に比べれば、終始ゴキゲンで茶目っ気もたっぷり。古き良きロックンロールの「記号」や「お約束」をも楽しんでいる横山は、今までの現場主義とは異なる場所にいるようだ。身近なライブハウスの等身大のパンクヒーローこそ横山健だと言うのなら、この変化にファンは戸惑うだろう。本人も自覚したはずだ。でも、止めなかった。今までメロディック・パンクと呼ばれたスタイルを離れてもいいと思った。なぜか。
すべて繋がっているからだ。ロックの長い歴史は自分のギターと繋がっているのだし、世間から背を向けることも愛する人にバラードを捧げることも全部ロックから学んできた。メロコア一筋ならば今の自分はいなかったし、闘う姿勢は別にパンクに限ったものではない。自分の歴史をすべて繋げてみれば、「Roll The Dice」と歌いながら若者にメッセージを送ることも可能だし、ボブ・ディランを想いながら日本の現状を暴くことも一直線上になるのだ。震災を受けて生まれた『Best Wishes』の覚悟は、ロックンロールの大河に飛び込むことで『Sentimental Trash』に繋がった。そこには何ひとつブレがないのだと、横山が確信していたのだと思う。自分の耳と、心と、経験値とで。
おまけに、クラッシュがカバーした「Pressure Drop」を改めてカバーすることで、ギタリスト・南英紀の過去と現在が繋がってしまうとは……! そんな嬉しい驚きも含めて、過去最高に発見の多い、ワクワクするような冒険のロックンロール。
さぁ、それを受け止めるあなたの声は如何に?

Ken Yokoyama「 Sentimental Trash 」2015.09.02 In Stores
Ken Yokoyama / Sentimental Trash
[TRACK LIST]
01. Dream Of You
02. Boys Don’t Cry
03. I Don’t Care
04. Maybe Maybe
05. Da Da Da
06. Roll The Dice
07. One Last Time
08. Mama,Let Me Come Home
09. Yellow Trash Blues
10. I Won’t Turn Off My Radio
11. A Beautiful Song
12. Pressure Drop
PZCA-73 / ¥2,190+税
レーベル : PIZZA OF DEATH RECORDS
購入する

Ken Yokoyama Profile

Hi-STANDARDのギタリスト/ソングライターとして一躍名を馳せ、ハイスタの活動休止後、2004年に1stアルバム『The Cost Of My Freedom』を携えてソロ活動をスタート。これまでに4枚のアルバムを発表すると共に、2008年には日本武道館「DEAD AT BUDOKAN」、2010年には神戸&幕張でアリーナ公演「DEAD AT BAY AREA」を成功に収めるなど、数々の偉業を達成。2011年3月11日以降は、東日本大震災の被災地への直接的支援を目的としたツアーを始め、ハイスタとして実に11年ぶりに「AIR JAM 2011」を主催。そして、2012年9月には念願だった東北での「AIR JAM 2012」を開催、11月21日にはソロとして通算5枚目のアルバムをリリースと、他の追随を許さぬ実行力とクリエイティビティを発揮。日本を代表するギタリストの一人である。

◆ Ken Yokoyama Official Site
http://kenyokoyama.com/

Sentimental Trash TOUR

■ 2015.09.25 @渋谷 CLUB QUATTRO
■ 2015.10.06 @長野 CLUB JUNK BOX
■ 2015.10.07 @金沢 EIGHT HALL
■ 2015.10.09 @新潟 LOTS
■ 2015.10.10 @高崎 CLUB FLEEZ
■ 2015.10.16 @郡山 HIPSHOT
■ 2015.10.18 @弘前 Mag-Net
■ 2015.10.19 @秋田 Club SWINDLE
■ 2015.10.21 @盛岡 Club Change WAVE
■ 2015.10.22 @仙台 Rensa
■ 2015.10.24 @山形 MUSIC SHOWA Session
■ 2015.12.19 @横浜 Bay Hall
■ 2016.01.20 @岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
■ 2016.01.21 @松江 AZTiC canova
■ 2016.01.23 @熊本 DRUM B.9 V1
■ 2016.01.24 @鹿児島 Caparvo Hall
■ 2016.01.26 @長崎 DRUM Be-7
■ 2016.01.27 @博多 DRUM LOGOS
■ 2016.01.29 @松山 WstudioRED
■ 2016.01.30 @広島 CLUB QUATTRO
■ 2016.02.10 @清水 ark
■ 2016.02.11 @浜松 窓枠
■ 2016.02.13 @大阪 Namba Hatch
■ 2016.02.14 @名古屋 Diamond Hall
To Be Continued…

DEAD AT BUDOKAN RETURNS

■ 2016.03.10 @日本武道館
詳細はアーティストオフィシャルサイトへ!
http://kenyokoyama.com/dabr

関連アーティスト

Ken Yokoyama

関連リリース