バックナンバー

2015.02.02 UP
台湾を代表するHEAVY METALバンドCHTHONICが、ディストーションとスクリーミングを封印し、アコースティックアルバムをリリース!

台湾を代表するHEAVY METALバンドCHTHONICが、ディストーションとスクリーミングを封印し、アコースティックアルバムを制作!
アコースティック・オーケストラの壮大な調べで新しい命を得た、オリエンタル・シンフォニック・メタルの真骨頂を堪能せよ!
ゲストボーカルに、元ちとせを迎え、哀しみの旋律がよりドラマティックに蘇る!

2014年のサマーソニックで、台湾の伝統楽器を演奏するオーケストラを引き連れ、圧巻のステージを繰り広げたCHTHONIC。
彼らのサウンドは、オリエンタルな美しさと悲哀を秘めたメロディーが特徴だが、今回の作品は彼らのその魅力を十分に抽出した非常に濃い内容の作品に仕上がった。
メタルの領域をはるかに超越し、壮大なスケールでその美しさと哀しさを表現することに成功した。
この作品には2014年に行われたCHTHONICのアコースティックライブのDVDがコンパイルされている。
デビューから16年、初めてアンプラグドのフォークアルバム”Timeless Sentence”をリリースすCHTHONIC。
歪んだギターディストーションも、スクリーミングもデスボイスも封印した初めての作品である。
世界中をツアーし、アグレッシブなステージを繰り返してきた彼らの次の旅路は、「優しさ」を探求する冒険の旅だった…そんな彼らの冒険を助けるために多くの「優者」がこの作品に参加してくれた。
ゴールデンミュージックアワード(台湾のグラミー賞といわれている音楽アワード)で、二度の受賞を果たした陳綺貞(Cheer Chen)、同じくゴールデンミュージックアワードを4度受賞した林生祥(Lin Sheng-xiang)が彼らの冒険に花を添え、さらに日本からも驚くことに奄美大島在住のシンガー、元ちとせが参加!!
メタルと日本を代表する女性シンガーとの驚愕のコラボレーションが実現!
2014年に、台湾にある武徳殿(日本統治時代に作られた武道場)で、バンド市場初めてのアンプラグド・ショウを行ったが、すべての(3会場)チケットが瞬間でソールドアウトとなった。
そのライブを体験したCHTHONICのファンの間から、アコースティックアルバムへの要望が高まった。
そしてファンの期待に答えるために、CHTHONICは大きなチャレンジを決意するのであった。
NOスクリーム!NOデスボイス!台湾という島国が抱えている哀しみを、共に歌おう!

CHTHONIC 「Timeless Sentence」 2015.01.28 Release
CHTHONIC / Timeless Sentence
HWCY-1349 / ¥2,593+税
レーベル : HOWLING BULL
[CD収録曲]
01. Legacy of the Seediq
02. TAKAO
03. Set Fire to the Island
04. Between Silence and Death
05. Rage of my Sword
06. Next Republic
07. Supreme Pain for the Tyrant
08. KAORU
09. Broken Jade
10. Defenders of Bu-Tik Palace
11. Sail into the Sunset’s Fire
[DVD収録曲]
01. Intro
02. Next Republic
03. Legacy of the Seediq
04. Set Fire to the Island
05. Rage of my Sword
06. Broken Jade
07. Between Silence and Death
08. Sail into the Sunset’s Fire
09. Kaoru
10. Supreme Pain for the Tyrant
11. Defenders of Bú-Tik Palace
12. Takao


CHTHONIC Profile

CHTHONIC

[Member]
・Freddy Lim 林昶佐 – Vocal, hena violin
・Jesse Liu 劉笙彙 – Guitar
・Doris Yeh 葉湘怡 – Bass, Background Vocal
・CJ Kao 高嘉嶸 – Synthesizer, Piano
・Dani Wang 汪子驤 – Drums

台湾のグラミー賞と言われている「金曲奨(ゴールデン・メロディー・アワード」、「金音奨(ゴールデン・ミュージック・アワード)」「総統文化奨」を複数回にわたり受賞。
イギリスのユニバーサル・ミュージック傘下のレーベルSpinefarmと契約し、ワールドワイドに活動をしている。
欧米のKerrang、Metal Hammer、Revolver、日本のBurrn!などの人気ロック雑誌にも常連として登場し、表紙にも数回選出された。雑誌読者の投票による世界最優秀バンドの第二位となり、米紙ニューヨーク・タイムズでOzzfest 2007の最優秀バンドとイギリスのKerrang!でDownload 2013などの最優秀バンドに選ばれた。ここ数年、国際的なマーケットの開拓に力を注ぐソニックは、全世界で30か国以上、400回以上の公演を記録した。彼らの作品のテーマは台湾の神話、伝説、歴史をモチーフとしており、そのサウンドは台湾歌謡、演歌、五声音階、歌仔戯の旋律や、台湾の伝統楽器の二胡、箏、猟首笛などを取り入れたオリエンタル・シンフォニック・メタルという独自のポジションニングを築き上げている。ヘヴィメタル本来のアグレッションや、邪悪な雰囲気に加えて、CHTHONIC独自の哀愁の漂う美しいメロディーが多くの支持を集めている。彼らの活動は意外に古く、1995年にさかのぼる。Loud Parkや、2012年はフジロック(通算2回目)といった国内の重要フェスにも参加し、日本でも確実にそして、急速に支持を集めている。今まで行われた日本公演も毎回大盛況をおさめ、今や、メタルシーンを語るうえで、欠かす事のできない最重要バンドの一つだ。写真集を発売し、その美貌でもファンを魅了するベーシスト兼リーダーのDoris嬢、人権擁護団体アムネスティ台湾の理事をつとめる、正義のボーカリストFreddy、昨年「金音賞」でベスト・ミュージシャンの栄光に輝いたギタリスト、Jeseeを中心に、唯一無比のアジアン・サウンドで世界のシーンに一石を投じる!

関連アーティスト

CHTHONIC

関連リリース