バックナンバー

2015.01.20 UP
新たなイツエの物語が始まる!イツエ、2年ぶりのリリース!

新たなイツエの物語が始まる!イツエ、2年ぶりのリリース!
2枚目のミニアルバム、堂々、ここに完成!今度のイツエは夜に聴きたい…!

「夜は思うよりもとても優しいもの」
「ネモフィラ」でVo.瑞葵はそう言い切る。人は生活をしていると知らない間に自分と周りにある「何か」によって疲れてしまう。傷ついたり傷をつけたり、涙したり駆け引きをしたりすることはもちろん、色褪せた君と過ごした家も、あなたに出会えて苦しいほどの嬉しさも、二人だけで過ごした今日という時間も、誰かを想う気持ちや若かりし頃の青春、思い通りにならないもどかしさや悔しさ…、そんな日常にあるすべてのことをふと夜に考えると、どこか愛おしくなる。愛おしく見えてしまう。
きっとそれは夜が優しいから。夜が後押しをしてくれるから。ここに収められた楽曲たちには瑞葵が繋ぐ言葉を通して、そう言える強さや決意が宿されている。
「悲しみも 喜びも / 受け入れられるように / 花を結ぶ大きな木になり / あなたを守りたい」
このアルバムにおける瑞葵の言葉には強さだけでなく、以前にも増して誰かを「包む」「優しさ」が込められているように感じる。
元々瑞葵の歌詞には母性を感じる大きさやどこか客観視した冷静に受け止める言葉が印象的であったが、今回の楽曲を聴くと多くの人間が彼女の声や言葉に温かく包まれているように感じるだろう。
アルバム最後の曲「名前のない花束」はイツエ史上最大のラブソングとも言え、最後にこの曲を位置することにより新たな「イツエ」の着地点、そして大きな決意表明を表したアルバムだということが確信に変わる。
また、サウンド面に関しては今までこのバンドでは用いることがなかった曲調やアレンジ、楽器などに挑戦し、これまでの色を残しつつもそのイメージからの脱却も図っている。彼らにとってこの挑戦の姿勢がイツエの新たな方向性を広げ、以前よりも聴く側の間口も広げることを可能にしたアルバムと言えるだろう。
だから、「今夜絶対」、イツエを聴きたくなる。

イツエ 「今夜絶対」 2015.01.21 Release
イツエ / 「今夜絶対」
[Track List]
01. エピソード (インスト)
02. 告白
03. ネモフィラ
04. 56番線
05. トランシーバー
06. 螺旋
07. 10番目の月
08. グッドナイト
09. 名前のない花束
DQC-1432 / ¥2,037+税 / レーベル : Dramatic db
購入する


イツエ Profile

・馬場義也 (Ba.)
・吉田大祐 (Dr.)
・瑞葵 (Vo.)
・久慈陽一朗 (Gt.)

2008年、同じバンドだったBa.の馬場とDr.の吉田がツアー先でVo.の瑞葵と出会い、偶然知った彼女の歌声に魅せられ馬場が新バンド結成の準備を進める。その後サポートギターを招きながら楽曲制作を行い、複数人のギタリストの中からGt.の久慈が加入し2010年9月イツエ結成。
同年11月に自主制作1st demo「あの小鳥はいつ泣くの」、2011年5月に2nd demo「全部嘘だよ。」を発売。
2012年3月には自主レーベル「Dramatic db」より1stミニアルバム「いくつもの絵」を発売。初のリリースツアーを経て、東京、名古屋、大阪を中心に活動を展開。12月には1stシングル「優しい四季たち」を発売。
2013年1月から始まったリリースツアーのファイナル(初ワンマンライブ)を3月31日に渋谷O-Crestにて行い、ソールドアウトで終了。12月18日に行われた2度目のワンマンライブ(下北沢SHELTER)もソールドアウトする。同日に来場者全員に会場限定CD、3rd demo「すべての朝へ」を配布。12月20日からSound Cloudにて「さよなら、まぼろし」(デモ)を無料DL配信中。
2014年12月26日には大阪初のワンマンライブ(阿倍野ROCKTOWN)を成功させる。2015年1月21日に2年ぶり2枚目のミニアルバム「今夜絶対」をリリース、同日新代田FEVERより全国ツアー、「イツエPresents『今夜絶対』Release Tour ~君と五重奏~」をスタートさせる(20公演)。ツアーファイナルは4月19日、新宿LOFTにてワンマンライブを予定。

◆ Official Web Site
http://itsue.jp/
◆ Facebook
http://www.facebook.com/itsueband
◆ SoundCloud
https://soundcloud.com/itsue/

関連スケジュール


関連アーティスト

イツエ

関連リリース