バックナンバー

2014.10.09 UP

[Music Go Round] インタビュー Lyu:Lyu

3ピースバンド、Lyu:Lyuがニューシングル『ディストーテッド・アガペー』をリリースした。
コヤマヒデカズ(Vo、G)がWHAT’s IN? WEBで連載していた小説「ディストーデッド・アガペー」のテーマソングに書き下ろされた表題曲は、孤独や葛藤や煩悶を抱える小説の主人公たちの思いとリンクするような、ドラマティックな一曲だ。
ギターロックバンドと短編小説、二つの表現は果たしてどんな風に結びついたのか?バンドの今を3人に語ってもらった。

Interview & Text : Tomonori Shiba

―― 小説を書くというのはこれまでもやっていたことなんでしょうか?
コヤマ「いや、お話をいただくまでは歌詞以上に長い文章を書いたことは全然なかったです。たとえばブログで日記を書いたりしていたことはありましたけれど、物語を書いたのはこれが初めてでした」

―― やってみてどうでした?
コヤマ「最初は完全に手探りでした。何をどう書いたらいいのかわからないところから始まって、毎回が試行錯誤の連続で。苦労した反面、自分は文章を書くのが好きなんだということを改めて思いました」

―― 小説と同じ題名で曲を作るというのも、もともとのアイディアとしてあったんでしょうか?
コヤマ「いや、小説を書き始めた時点では、曲を作るなんていうことは全く頭になかったですね。ただ、やっているうちに、せっかく小説を書いているのだから、それをバンドのほうでも昇華していきたいという話になって。そこから、自分の書いた小説のテーマソングを自分自身で書くつもりで作っていきました」

―― 小説のテーマと曲のテーマも密接に結びついている。
コヤマ「そうですね。小説は「ディストーテッド・アガペー」と「続ディストーテッド・アガペー」で、全部で10個の話を書いたんです。その一番最後、映画で言ったらエンドロールに流れるような感じのものを音楽で作ろうと思っていました」

―― 登場人物の話というよりは、その小説の世界を俯瞰で見ているような視点があった。
コヤマ「そうですね。小説でいえば後書きのようなものというか。どっちかと言うと、物語自体というより、小説を書いてきた中で思ったこと、読んでいた人に自分が言えること、という気持ちで書きました」

―― 有田さん、純市さんはどんな風に曲を受け止めたんでしょう?
有田「ベーシックなところは最初にコヤマが作ってきたんです。それを聴いて、確かにすんなりと小説のエンドロールが浮かんできた感じがありました。それをよりドラマチックにすることを考えましたね。ドラムとしては、シンプルな中にどれだけ波を作ろうかという」
純市「壮大な曲にしてやろうというイメージで取り組みました」

―― この曲、長さも6分を超える大曲ですからね。このボリューム感は必要だった。
コヤマ「そうですね。当初はテンポが速くて暴力的な曲も考えたんです。でも、いろんなバリエーションが消えていって。最後に残ったものに、今自分ができる全てを詰め込もうと思った。だから必然的に曲も長くなって、歌詞も盛り沢山になっていった。「長い」と言われることを覚悟で作っていきました(笑)」

―― カップリングはSHUN『Never Change feat.Lyu:Lyu』の原曲となった「invisible」も収録されています。これはどういう経緯で作っていったんでしょうか?
コヤマ「いろいろ経緯がありまして。もともと、この「invisible」という曲自体は自分たちが今年の5月に『GLORIA QUALIA』というアルバムを出した頃からあった曲なんですね。発表する機会がないままだったんですけれど、ひょんなことからSHUNさんが自分たちのライブを見に来てくれて、楽屋まで来てくれて挨拶してくれて。その後にSHUNさんから連絡があって。次にシングルを出すんだけれど、バンドサウンドの曲にしたいと。デモを聴いて、この曲がすごくいいから使わせてもらいたいというお話をいただいて。そこからアレンジしたり、サビを自分が歌ったり、いろいろ形が変わっていって。最終的には「Never Change feat.Lyu:Lyu」としてリリースしたという流れです」

―― ラップとLyu:Lyuのバンドサウンドは、異色な組み合わせだったと思うんですけれども。皆さん、フィーチャリングというものをやってみて、どうでした?
有田「結構な冒険でした。どうなるかのイメージがつかないというのもあって。でもSHUNくんからラップをもらって、バンドで組み立てていこうとアレンジをやって。苦労したところもありましたけれど、楽しかったですね。普段はやらない方向性だし、違うテイストが入ってくるだけでこうも面白くなるんだろうと」
純市「SHUNくんから投げられたデモが全然違う打ち込みの音源だったんですけれど、やりやすいようにやってかまわないからと言ってくれて。いつもの俺らのようにやらせてもらった感じです」

―― 「ディストーテッド・アガペー」は壮大でエンドロール感がある一方、こちらの曲は疾走感があってエネルギッシュで、オープニング感がありますね。
コヤマ「たしかにそうかもしれないですね。毎回、新しいCDを作るときは曲調のバランスも考えながら作っているので。この2曲が対称的な曲があったので。もう一曲の「メシア」のリミックスと、それぞれ全くテイストが違っていて。シングルなんだけれど、バリエーション豊かな一枚になったと思います」

―― 10月24日からは「ディストーテッド・アガペーの世界」という東名阪のツアーも予定されています。という。このLyu:Lyuのライブはどういうものになりそうですか?
コヤマ「今年5月に出した『GLORIA QUALIA』というアルバムで、自分たちの空気感とか歌詞の世界を今までで一番、楽曲としてちゃんと表現できたという手応えがあったんです。その頃からライブのやり方も変わってきた実感があって。みんなで盛り上がるライブも楽しくていいと思うんですけれど、自分たちは始まってから終わるまでの間で、一つの作品のようなもの、一つの映画を作っているようなつもりでやるという風に自然とシフトしていった。今回も、新しい演出を考えています。今までにないライブになると思いますね」


Lyu:Lyu PROFILE

Vo・Gtコヤマヒデカズ、Ba純市、Drの有田清幸からなる3ピース・エモーショナル・ロックバンド。退廃的な世界と攻撃的な楽曲が話題となり、2010年ミニアルバム「32:43」にてデビュー。以降「太陽になろうとした鵺」「プシュケの血の跡」とコンスタントにリリースを続け、2013年にフルアルバム「君と僕と世界の心的ジスキネジア」をリリース。
同年、初となる“全国ワンマンツアー”(全国7ヶ所)を行いファイナルの恵比寿リキッドルーム公演大盛況のもとに終了。
追加公演(O-crestワンマン)もSOLD OUT。
続いて年末のカウントダウンジャパンにも出演。2014年5月には4枚目となるミニアルバム「GLORIA QUALIA」をリリース。
8月にはROCK IN JAPAN FES.にも出演。多くの迷える者を救う「ストレイシープの代弁者」として多数の支持者を抱えている。

◆ Official WEB ⇒ http://www.lyulyu.net/
◆「ディストーテッド・アガペー」特設ページ
http://www.distorted-agape.com/special/
◆ 連載「続・ディストーテッド・アガペー」
http://www.distorted-agape.com/

Lyu:Lyu「ディストーテッド・アガペー」
Lyu:Lyu / ディストーテッド・アガペー
PECF-3101 / 999円+税
購入する

MusicGoRound
毎週月~金 20:00~22:00 ON AIR
(第一週目放送後、1ヶ月リピート放送)

ニッポン放送によるインターネットラジオ、Suono Dolce内番組「Music Go Round」。
しゃべりの達人ではないけれど、熱い気持ちで音楽を勧められる音楽キュレーターが曜日代わりで登場します。木曜日はSPACE SHOWER MUSIC が担当! 宣伝担当が毎月出演、インディーズアーティストを中心に良質な楽曲を選曲していきます。
◆ Music Go Round オフィシャルサイト
http://www.suono.jp/mgr/

timetable

SuonoDolce

mail

・2014年7月度 : 王舟さん
・2014年8月度 : go!go!vanillasのみなさん
・2014年9月度 : 「あらかじめ決められた恋人たちへ」より池永正二さん

関連スケジュール


関連アーティスト

Lyu:Lyu

関連リリース