桜庭和子
(Kazuko Sakuraba)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

平成元年、和由貴子(かずゆきこ)の芸名で歌手活動を始める。平成2年、「好きよ憎い奴」でCDデビューして全国キャンペーンを展開。平成9年、作・編曲家の桜庭伸幸との結婚を機に引退。二児の母となり、子育てに奮闘しながらも11年間順風満帆の生活を送るが、病をきっかけに改めて自分自身や音楽を見つめ直す。平成22年には自身の作詞で夫の作曲による「美しい日本」を初の夫婦共作曲としてリリース。幅広く支持され、末永く歌い継がれる作品となった。平成26年に夫が死去。日本レコード大賞特別功労賞を受賞。その後は夫の遺作を世に出すことを生きがいとして、「時代を超えて、ジャンルを超えて」をコンセプトに精力的に活動を続ける。作詞活動をはじめ、外国曲に日本語詞を付けて披露するなどステージの構成・演出も手掛ける一方、練馬駅前でカラオケパブ兼音楽酒場を経営して幅広く音楽好きな人々との交流を楽しんでいる。