大塲なつき 中安義雄
(Natsuki Oba & Yoshio Nakayasu)

PROFILE

大塲なつき
東京都出身。青山学院高等部卒業後、東京音楽大学フルート科及び音楽学課程修了後、渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院高等演奏家課程満場一致合格。国立イッシー=レ=ムリノー音楽院DEM課程修了。仙台フルートコンクール高校の部第1位。大阪国際音楽コンクールAge-U部門最高位、コンチェルト部門第3位、デュオ部門エスポワール賞。クレドールコンクールエクセランス部門第3位。プランコエコンクールデュオ部門満場一致第1位。在仏時代はフルートカルテットシルフィードの一員としてパリ・マレ地区のコンサートシリーズへの定期出演や、在フランス大使館での招聘演奏を行う。帰国後は留学経験を活かし、各地で演奏活動や自身の音楽教室を立ち上げ後進の指導にあたる。フルートを村松智美、飯島和久、相澤政宏、P.フェブリエ、T.プレボ、M.キム、室内楽を故 内山洋、安原理喜、中野真理、N.パタルチェク、Ch.ドビュッシー各氏に師事。Chez Amis音楽教室代表。

中安義雄
静岡県出身。浜松学芸高校芸術科音楽課程卒業。国立音楽大学音楽文化デザイン学科創作専修(現 作曲専修)在学時に第89回 国立音楽大学ソロ・室内楽定期演奏会に出演。大学卒業後に渡仏し、パリ・スコラカントルムにてエクリチュールを専攻し、ディプロムを審査員満場一致のトレビアンで取得。パリ国立高等音楽院にてエクリチュール科高等課程のディプロムを取得。ACJ主催第6回ピアノ声楽伴奏コンクールにてヴェニス・ミュージック・アカデミー賞受賞。これまでに作曲を鳥山妙子、北爪道夫、エクリチュールを市川景之、奥定美和、R.ギヤール、ピアノを落合洋美、飯尾孝枝、Y.アンリ、伴奏法をE.クーパーの各氏に師事。パリ国立高等音楽院では和声をC.レーン、対位法をJ.B.クルトワ、フーガと形式をT.エスケシュ、D.レジンスキ、管弦楽法をA.ジラールの各氏のクラスにて学ぶ。帰国後は音楽教室や音楽大学、及び音楽大学附属中学校・高等学校にて後進の指導にあたる。