三遊亭好楽
(Sanyuhtei Kohraku)

PROFILE

1946年8月6日、東京都東池袋生まれ。荒川区西日暮里在住。B型。本名:家入信夫。1966年、林家正蔵(後の彦六)に入門。林家九蔵を名乗る。1971年、二つ目昇進。1979年、「笑点」のメンバーになる。1980年、4代目三遊亭小圓遊の死去により、高座着がピンクから水色に変更。1981年、真打昇進。1982年、師匠・彦六死去。翌年、これに伴い5代目圓楽門下に移籍し、三遊亭好楽に改名。心機一転、出直しをはかるため「笑点」を降板し、独演会や一門会で古典落語をみっちり修行。1988年より「笑点」に復帰(ピンクの高座着が復活)し、以来レギュラーとして活躍中。高座の他にTVやCMでも活躍。「面白くないところが面白い」という落語界初のユニークなキャッチフレーズで我が道を行く。また、”落語界でこの人の悪口を言う噺家はひとりもいない”と言われる人物とのこと。