ハンブルクトリオ
(Hamburg Trio)

PROFILE

ハンブルクトリオ Hamburg Trio

塩貝みつる(ヴァイオリン)は元ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団第1ヴァイオリン 首席アソシエイト・コンサートミストレス。ヴィタウタス・ゾンデキス(チェロ)はNDRエルプフィル ハーモニー管弦楽団ソロチェリスト。エバーハルト・ハーゼンフラッツ(ピアノ)はベルリン芸術大学で教鞭を執っている。 2013年10月、ブラームスのピアノ三重奏曲の共演をきっかけにハンブルクで結成。この演奏はインターネットでライブ中継された。その後、ハンブルクを拠点にベルリン、カッセル、マインツなどドイツ各地で活動。新聞などで高い評価を受け、ZDF(ドイツ国営第二放送)、NDR(北ドイツ放送)に出演。毎年作曲家ごとの全曲ピアノ三重奏曲を録音し、国内外でコンサートを行うことをコンセプトに活動している(2015年ブラームス、2016-17年シューマン、2018年メンデルスゾーン)。2018年1月にはベルリンとハンブルクでベートーヴェンのトリプルコンチェルトを演奏し話題となった。5月にはサンクトペテルブルクのフィルハーモニーホール、リュブリャナ音楽祭、ウーゼドム音楽祭に招待されている。日本では2015年に「ブラームス ピアノ三重奏曲全曲演奏会」を開催し、NHK FM「ベスト オブ クラシック」で放送された。またNHK AM「すっぴん!」に出演、生演奏を披露し反響をよんだ。2017年の2度目の来日では「シューマン ピアノ三重奏曲全曲演奏会+四重奏曲&五重奏曲」を開催した。