朝比奈隆 & 新日本フィルハーモニー交響楽団
(Takashi Asahina & New Japan Philharmonic)

PROFILE

1908年東京生まれ。京都帝国大学を卒業、在学中よりヴァイオリンをモデレフスキーに、指揮をメッテルに師事した。1940年に新響(現在のN響)を指揮してデビュー、以後上海響、ハルビン響などの指揮者を歴任。1947年、関西交響楽団を創設、常任指揮者となる。1960年には、大阪フィルハーモニー交響楽団と改組し、関西楽壇の中心として、生涯に渡り大阪フィルを育て上げた。豊かな音楽性と深い音楽への情熱、造形的な素晴らしい構成力により、晩年は世界指揮界の最長老として、確固たる地位を築いた。海外での演奏歴も多く、1953年にヘルシンキ市立管弦楽団に客演したのをはじめとして、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団など60余りの客演を行っている。1975年には手兵大阪フィルを率いてヨーロッパ演奏旅行を行い各地で絶賛を博した。国内では、その造詣の深さ、強烈な個性、濃厚な指揮ぶりで多くの熱狂的な支持を得ており、大阪フィル、新日フィルをはじめとして、全国各地の主要なオーケストラに客演、精力的に活動した。大阪フィルの音楽総監督、新日本フィルの指揮者団顧問のほか、日本指揮者協会会長、オペラ団体協議会会長、大阪音楽大学教授などをつとめた。
 1996年にはシカゴ交響楽団を指揮して北米デビュー、その模様はニューズ・ウィーク誌により広く紹介された。
 2000年にはNHK交響楽団へ2回客演し、ブルックナー<第4>、<第9>で圧倒的な大演奏を行う。
 録音も数多く、ベートーヴェン:交響曲全集を世界最多の7度、ブルックナー、ブラームス交響曲全集をそれぞれ3度リリースしている。1984年から87年にかけては新日本フィル定期演奏会でワーグナー「ニーベルングの指環」を全曲演奏、CD化で注目を集めた。
 紫綬褒章、日本芸術院賞、ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章、朝日賞、NHK放送文化賞、毎日芸術賞、ザ・シンフォニーホール・クリスタル賞、勲三等旭日中綬章、キワニス大阪賞を受賞。
 1989年には文化功労者に選ばれ、1994年文化勲章を受章。
 2001年12月29日逝去。享年93。没後、従三位に叙される。