丸山勉 & 坂戸真美
(Tsutomu Maruyama & Mami Sakato)

PROFILE

丸山勉(ホルン)
13歳よりホルンをはじめ、和方寛茂、伊藤泰世の各氏に師事。武蔵野音楽大学を卒業。在学中、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1991年、第8回日本管打楽器コンクール・ホルン部門第1位。1993年、ジュネーブに留学、B.シュナイダー氏に師事。1990年より2000年まで、読売日本交響楽団首席ホルン奏者を務めた。世界ホルンフェスティバル等でゲストアーティストとして招かれる他、ソロ、室内楽、オーケストラ等で多くのCDをリリース。現在、ソロ、室内楽奏者として、また日本フィルハーモニー交響楽団客演首席奏者、紀尾井ホール室内楽団、つの笛集団、カスタム・ウインズ木管五重奏団などのメンバーとしても活動。武蔵野音楽大学で准教授としても教鞭をとる。日本ホルン協会常任理事。


坂戸真美(オルガン)
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。オルガンを秋元道雄、志村拓生、アンリエット・ピュイグ=ロジェに師事。パリのイスィ・レ・ムリノ国立音楽院をオルガンのクラスで審査員満場一致の一等賞を得て卒業。オルガンおよび即興演奏をダニエル・ロート、オリヴィエ・ラトリーに師事。ミュンヘン市立音楽院でチェンバロ、通奏低音、室内楽をミヒャエル・エバースに師事。1991年、オランダのセザール・フランク音楽コンクール第2位入賞。NHK・FM、オランダ国営ラジオに出演。2010年にフォンテックよりCD「二つの祈り~20世紀のフランスオルガン音楽~」をリリース、2014年に三上明子(フルート)との共演によるCD「風のディアローグ」をリリースし、「レコード芸術」で特選盤、朝日新聞および読売新聞で推薦盤に選ばれる。2014年、フランス・ドゥラトゥール社から出版されたピュイグ=ロジェのオルガン譜「三つの祈り」および「三つの作品」の校訂を務めた。現在、青山学院大学オルガニスト。カトリック碑文谷教会オルガニスト。