LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE
(リブロ ポチョムキン ボーズ アンド チョーゼン リー)

PROFILE

Bose(スチャダラパー)
スチャダラパーのMC担当。1990年にアルバム「スチャダラ大作戦」でデビュー以来ヒップホップ最前線でフレッシュな名曲を日夜作り続けている。個人活動としては、テレビ・ラジオ・CM出演、ナレーション、
執筆、ゲーマーなど、幅広いジャンルで活動中。出身である岡山県の「おかやま晴れの国大使」に就任。京都精華大学で客員教授を努めている。グループとしては、デビュー25周年となる2015年にアルバム『1212』をリリース。2016年に『スチャダラ2016 ~LB春まつり~』を開催し、ミニアルバム『あにしんぼう』をリリース。2018年4月に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラパー・シングス』を開催し、ライブ会場限定販売となる4曲入りCD『スチャダラパー・シングス』を発売。デビュー30周年を迎える2020年にアルバム『シン・スチャダラ大作戦』を発売した。

CHOZEN LEE(FIRE BALL,THE BANG ATTACK)
知ってる人も知らない人もこんにちは!我は我のみMIC持つDeejay CHOZEN LEEと申します。横浜を拠点に活動するFIRE BALL(現在活動休止中)、のメンバーです。
現在ソロ活動に加え、オリジナルバンド “CHOZEN LEE AND THE BANG ATTACK” を結成して活動中。Liveも好評!!他ジャンルとの交流も深め活動の場を広げている。
1st Album ”THE ALBUM” は必聴!2019年に行われた61回目の Grammy Awards で Best R&B を獲った H.E.R. のエンジニア、堤 幹成 氏がMixを手掛けている。(2020年度もノミネート)とにかく音がいいのでそこのところも是非聴いていただきたい。
昨日までの世界と今日は違う 当たり前なんてのはなかったんだよ コロナ騒動以降、意識も常識も変わっていく世の中で、愛も変わらず楽曲をリリースしたり、自身のYoutubeチャンネル始め、SNSなどを通してメッセージを伝え続けていくので、この音楽が響いてくれたなら最高です! 誰が王様だろうと俺は僕(しもべ)ではない STAY POSITIVE.

ポチョムキン
東雲Records主宰、ハイクオリティーな楽曲制作とショーマンシップあふれるライブ活動を続けて早25年くらい、ソロでもマルチに活動中。日本の音楽業界の秘宝餓鬼レンジャーのMC。

LIBRO
日本のヒップホップ・シーン黎明期から活動をスタート。97年にラップ、トラックメイキング双方を手がけるスタイルでデビュー。98年にリリースしたミニ・アルバム「胎動」は、様々なアーティストが自らのスタイル確立に切磋琢磨するヒップホップ・シーンの中において、全く新しい風を吹き込むオリジナリティ性を提示、大きな話題を呼ぶこととなった。03年の「三昧」以降は、トラックメイカーとしてあらゆるジャンルの匂いを取り入れつつも、何にも偏ることのない自らのジャンルに昇華してしまう突出したセンスでラッパーやシンガーにトラックを提供。06年には FUURI名義でフルアルバム&DVDをリリース。全曲のサウンドプロデュースを担当。09年にはLIBRO名義では初のインストアルバムとなった「night canoe」をリリース。2014年5月、当代きっての個性的なラッパーを招いた「COMPLETED TUNING」、そして同年末に発表されたインストアルバム「COMPLETED TUNING INSTRUMENTALS」、そして2015年1月にはBLACK SWANからEP「GEAR」を、同年4月、全編で自身がマイクを握ったソロアルバム「拓く人」をリリース。10月に嶋野百恵をゲストボーカルに迎えたアルバム「オトアワセ」を発売。2016年5月、全編ラップソロアルバム「風光る」を発売。11月にはLIBROと餓鬼レンジャーのMC、ポチョムキンによるユニット“鶴亀サウンド“がミニアルバム『AWAKENING』を発表。2017年10月にはセルフリミックスを中心としたアルバム『祝祭の和音』を発表。2018年12月、フルアルバム「SOUND SPIRIT」を発売。