松田弦
(Gen Matsuda)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

高知県出身。16歳からクラシックギターを始める。高知県立岡豊高等学校音楽コースギター専攻、早稲田大学卒業。2011年から2年間フランスのストラスブール音楽院に学んだ後、オーストリア、イタリア、スペインで研鑚を積む。アリカンテ大学(スペイン)主催のマスター修士課程修了。これまでに松居孝行、村治昇、新井伴典、今村泰典、アレクシス・ムズラキス各氏等に師事。
2009年第52回東京国際ギターコンクール第1位、2013年アントニー国際ギターコンクール(フランス)第1位(あわせて課題曲賞と聴衆賞を獲得)をはじめ、2000年~2013年のあいだに国内外8つのコンクールで第1位受賞。
2007年初めてのソロリサイタルを開催。2009年「GENIUS」でソロCDデビュー。その後、キングレコードから発売された「弦想~Gem-Soul」(2013年)、「esperanza」(2014年)は、ともに、「レコード芸術」誌にて特選盤の評価を受けた。2017年10月4枚目のソロCDとなる「everGrEeN」がフォンテックよりリリースされる。他に、新井伴典氏とのデュオで、「夏の列島」(2011年)、「ジャック・イベール作品集」(2016年)、「エンリケ・グラナドス スペイン舞曲集」(2017年)の3枚のCDもある。
2016年には東京オペラシティ文化財団のリサイタルシリーズ「B→C」に出演、ダイナミックかつ繊細な音色で聴衆を魅了した。
日本各地を始め、オーストリア(ウィーン、コンツェルトハウス)、フランス、ドイツ、タイ、フィリピンなどでもリサイタルを行う。近年ではタレガ・ギターカルテットのメンバーとしての活動、書道家など異ジャンルのアーティストとのコラボレーション、高知県下の小中学生を対象とした演奏会など、クラシックギターの魅力を伝えるため幅広い活動を行っている。
オフィシャルHP  http://www.matsuda-gen.com/