Honoka
(ホノカ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

1998年日本で生まれ幼稚園卒園までを神奈川県藤沢市辻堂東海岸で過ごし、6歳でハワイに移住し、現在はハワイ大学で環境学を学ぶ大学生。

ハワイの美しい山や海に囲まれて育ち、自然への感謝と敬愛の心をいつも大切に感じて生きるHonoka。ハワイの自然が作り出す思考や感覚、そして自然の中で育んだ思い出などのすべてが、彼女の作り出す音楽のインスピレーション。ウクレレという楽器を通して世界を旅し、音楽への愛と情熱、そしてアロハスピリットの素晴らしさを、世界中の人達に伝えて行くのが夢。

2013年ハワイで行われたインターナショナルウクレレコンテストでグループ部門優勝と総合優勝をきっかけにHonoka & Azita というユニット名で音楽活動をスタート。同じ年の6月に
BEGINからのオファーにより、沖縄うたの日コンサートに招かれ初めて大きなステージに立つ。その後、Facebookの動画のビューが2千400万回、YouTube、Instagram等のソーシャルメディアの反響により活動の場が一気に広がる。

日本では、アロハヨコハマ、横浜ハワイアンタウン、ハワイエキスポ渋谷、九州博多、 ハードロックカフェ大阪、横浜Thumbs Up、逗子Surfers、茅ヶ崎Ahuahu、などで演奏。
ハワイでは、ウクレレピクニックハワイ、Greenroom Festival Hawai’i、ブルーノートハワイなどで演奏。世界各地で行われたウクレレフェスではオーストラリア、ニュージーランド、カリフォルニア、チェコ、オーストリア、ニューヨーク、韓国、ニウエ島などで参加。MEDIAはハワイアンエアライン航空提供10分間ドキュメンタリー、TRIMサーフマガジン掲載,ウクレレマガジン掲載、アロハエクスプレス雑誌掲載、ハワイローカルブランド3社のCMに出演。
2015年、CD アイランドスタイルウクレレ2(コンピレーションアルバム)に1曲収録参加し、ナホクハノハノアワード受賞(ハワイのグラミー賞に相当)。2016年、CD セルフタイトル(Honoka & Azita)EPアルバムをリリースし、iTunes Top 100 World Music Albums Chartで1位獲得。2017年、CD Na Mele Ukulele(コンピレーションアルバム)に1曲収録参加、ナホクハノハノアワード受賞(ハワイのグラミー賞に相当)。

グラミー賞を5回受賞したシンガー/ソングライター、ジェームス テイラー、One Republic、The Wailers、MAGICを含む国際的なスーパースターとの共演も経験。ジミーバフェットのハワイ公演ではオープニングアクトも務めた。
2018年NYにてNBCユニバーサルTV番組”ハリーコニックJr Show” に出演。他にMake-A-Wish Hawaiiのような慈善団体を支援し、病院や介護施設、シェルター、孤児院、学校に頻繁に行き、音楽と希望の贈り物を共有しています。