アンサンブル・ウィーン=ベルリン
(Ensemble Wien-Berlin)

PROFILE

アンサンブル・ウィーン=ベルリン
Ensemble Wien-Berlin

アンサンブル・ウィーン=ベルリンは優れた資質をもった木管五重奏として1983年に設立された。ウィーンとベルリン出身の5人のメンバーは、主にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団およびベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務めており、その揺るぎない基盤の上で室内楽の活動を共にしようと結成された。
5名の傑出したソリストたちの組み合わせだけに、すぐにまとまりのある音色と音楽作りを成し遂げ、一人一人が音楽全体に刺激と音楽的アイディアをもたらし、豊かで生き生きとした演奏に貢献している。
アンサンブル・ウィーン=ベルリンは世界中の主要なステージで演奏している。多様なレパートリーを誇り、ジェームス・レヴァイン、アレクサンダー・ロンクヴィッヒ、シュテファン・ヴラダー、エリザーベト・レオンスカヤ、エレーナ・バシュキロワらといったピアニストたちと共演を重ねている。