SULLIVAN's FUN CLUB
(サリバンズファンクラブ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

札幌を拠点に活動する、90年代オルタナ、パンク、パワーポップ等に影響を受けた、21歳の Vo.Gt.ヨシダレオ、20歳の Ba.ハセガワペイ、Dr.タダカズキ、Gt.ヨシダカズマ、からなる4ピースロックバンド。
2016年7月に結成。2019年7月に Gt.ヨシダカズマ、2021年2月に Ba.ハセガワペイが加入し現体制となる。
2019年8月「SUMMER SONIC 2019」に出演。(「出れんの!?サマソニ!?2019」枠)
そして、8月25日に行われた「マイナビ未確認フェスティバル 2019」では応募総数3101組の中からグランプリを獲得。
11月には、1st digital single「PINK YELLOW BLUEZ」C/W「MI RA I」を配信リリース。
同月、グランプリ賞金で開催した地元札幌でのフリーワンマンライブ「デートスポット」では160名を動員し、1時間半全14曲を熱狂の中演奏、飛躍の年となった2019年を総括し、また更なる一歩を踏み出し始めた圧巻のライブを見せる。
さらに、12月6日に名古屋クラブクアトロで行われた「STARCRAWLER JAPAN TOUR 2019」にサポートアクトとして出演。
会場全体を巻き込むそのライブパフォーマンスでオーディエンスの心をグッと掴むとともに、そのライブをステージ袖で見ていた STARCRWALER メンバーからも称賛される。
2020年3月4日 (水) mini album 「Sentimental Young Ones」全国タワーレコード限定リリース。
同月、アメリカテキサス州オースティンで行われる世界最大級のサーキットフェス「SXSW 2020」への出演決定(開催中止)。
2020年7月からは「Live Eggs ONLINE 2020」や「NIPPON CALLING 2020」等サーキットフェスへも多数出演。
そして2020年9月26日、札幌 SPiCE にて配信ワンマンライブ「Young Young Young」開催。
コロナ禍だからこそ伝えたい思い、そして今の自分たちに出来るすべてを詰め込んだ濃厚な約一時間の演奏を見せた。
同年12月26日(土)Ba.ヤダニイナ脱退。
それに伴い同日3rd SFC LAST ONEMAN LIVE「overture“20217”」を生配信にて開催。
これまでの SULLIVAN’s FUN CLUB、そしてヤダニイナと共に駆け抜けた彼らの濃縮な時間を、全17曲の演奏で締めくくった。
そして、2021年2月、新メンバーにハセガワペイ(Ba)が加入。
バンドによる圧倒的なライブパフォーマンスと、ボーカル&ギターのヨシダレオが紡ぐ言葉とメロディのセンス。
2020年代の日本のロックシーンを担うことになるであろう次世代最重要バンド。