仁詩 Banda Nova
(ヒトシ バンダノヴァ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

バンドネオン 仁詩 Hitoshi

バンドネオン奏者。作・編曲家。 京都府出身。
アメリカ・バーモント州ストウ市で開催された Che Bandoneon Competitionにて2018年・2019年、共に第2位受賞。
タンゴにとどまらず、クラシック、ジャズ、ジプシー、ブラジル、フォルクローレ等、ジャンルを超えた活動を展開している。

箏奏者の母を持ち、子供の頃から和の音楽に親しむ。
高校生の頃にバンドネオンに出会い、その後 アルゼンチン・ブエノスアイレスに渡り研鑽を積む。
カルロス・パソ、ネストル・マルコーニ、ロベルト・アルバレス 各氏にそれぞれ師事。

バンドネオンの後進の指導も行うほか、様々な楽器に対してのタンゴ・アンサンブルのためのワークショップも全国的に行っている。

アジア・オセアニア地域への海外公演も多く行う。

大阪音楽大学短期大学部ジャズコースピアノ専攻卒業。

2019年8月、ティートックレコーズよりCDメジャーデビュー。CD FELIX をリリース。

近年の略歴
2015年、すみだアートプロジェクトにて、「お江戸ウロボロス」を主宰公演。コンサートの制作も統括。
2016年、クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。
2016年、ベリーダンスと民族音楽のコラボレーション「旅する僕ら」を座高円寺にて行う。演奏、編曲、プロデュース、制作を統括。
2017年、東京文化会館小ホールにて、東京春音楽祭に主宰グループ「Virtus」にて出演。
2018年、国立科学博物館×東京・春・音楽祭〈ナイトミュージアム〉コンサートに出演。
2018年、主宰グループ「直会 nao rai」にて「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。
2019年2月、神戸市室内管弦楽団とピアソラのバンドネオン協奏曲にて共演。


自身の主な活動として
田中庸介(Gt)・阿部篤志(Pf)とのトリオ 仁詩 Banda Nova を軸に、
尺八とバンドネオンを中心とした6重奏、日本発・世界音楽紀行 直会 Nao – Rai
民族音楽系Jazzバンド Gyps
朗読と落語と踊りのアートパフォーマンス CARABATO
南米風ジブリ音楽 ジブリズム
民族音楽と踊りのコラボレーション 旅する僕ら
アルゼンチンタンゴバンド Virtus がある。
現在までにCDを10枚リリース。
ジャンルを超えた活動を続けるバンドネオン奏者として日本全国・時々海外で活動中。