瀬尾久仁 & 加藤真一郎 ピアノデュオ
(Kuni Seo & Shinichiro Kato Piano Duo)

PROFILE

瀬尾 久仁 & 加藤 真一郎 ピアノデュオ
桐朋学園大学ピアノ科に学ぶ瀬尾久仁と、作曲科に学ぶ加藤真一郎が在学中の1998 年にピアノデュオを結成。2005 年、ドイツに留学。ロストック音楽大学大学院ピアノデュオ科、ミュンヘン音楽大学マイスター課程ピアノデュオ科を修了。2008 年、ピアノデュオとして初めて文化庁新進芸術家海外留学制度研修員に選ばれ、アルフォンス・コンタルスキー教授のもとで一年間集中的に研鑽を積む。
2005 年に難関のマレイ・ドラノフ国際2 台ピアノコンクール(ジュネーブ国際音楽コンクール世界連盟加盟)で第1 位を受賞。日本人デュオ初の快挙を果たす。これまでに国際ピアノデュオコンクール(ポーランド)第1 位及びショパン賞受賞のほか、日本・海外の主要コンクールで優れた成績を収める。
国内、世界各地での演奏会の他、北ドイツ放送(NDR)、バイエルン放送(BR)、NHK-FM「ベストオブクラシック」、NHK「名曲探偵アマデウス」「クラシック倶楽部」に出演。サントリー音楽財団主催サマーフェスティバルにおいて、沼尻竜典指揮、東京都交響楽団とともにエトヴェシュ「2 台ピアノとオーケストラのための協奏曲」を日本初演。
2010 年には国際交流基金の助成を受け、アメリカ・カリフォルニアにて邦人作品の紹介とピアノデュオ・マスタークラスを、マレイ・ドラノフ2 台ピアノ財団より招待されマイアミにてリサイタル、桐朋学園大学特別招聘講師としてピアノデュオ講座を行った。2011 年には文化庁主催公演においてプーランク「2 台のピアノとオーケストラのための協奏曲」を円光寺雅彦指揮、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。2012 年にも井上道義指揮による京都市交響楽団第560 回定期演奏会で同作品のソリストをつとめた。
毎年開催している自主リサイタルなどにおけるピアノデュオの芸術性を再認識させる演奏は高く評されており、また邦人作曲家への委嘱を積極的に行うことでピアノデュオの新たな可能性を探求している。
これまでに野本由紀夫、藤井一興、ハンス=ペーター&フォルカー・ステンツル、ヤアラ・タール&アンドレアス・グロートホイゼン、アルフォンス・コンタルスキーの各氏に師事。