Silvia Iriondo & Juan Falu
(シルビア イリオンド アンド フアン ファルー)

PROFILE

シルビア・イリオンド
デビュー当時からブラジルの音楽家 エグベルト・ジスモンチをはじめとする多くの著名アーティストに認められ、現在はアルゼンチンのネオ・フォルクローレ・シーンで最も世界性をもつシンガーとしてその名は国内外で知られている。これまでに彼女の作品にはカルロス・アギーレ、フアン・キンテーロ、キケ・シネシ、リリアン・サバ、ハイメ・ロス、マリオ・グッソ、セバシチャン・マッキ、マルコス・カベーサス、ホルヘ・ファンデルモーレなど、各音楽シーンを牽引する最重要人物が参加している。また、シンガーとしての実力だけでなく、アルゼンチン・フォルクローレのパイオニアで民俗音楽研究家・収集家でもあるレダ・バジャダレスをトリビュートした作品などもリリースし、アルゼンチンに深く根ざす文化を再解釈しながら新たな光を当てる活動も行なっている。

フアン・ファルー
ギタリスト・作曲家として、現代アルゼンチン・フォルクローレの最重要人物のひとりとして、国内外で高い評価を獲得。アルゼンチンの土地に暮らす人々によって伝承された楽曲への深い理解、多様な音楽の要素と現代性を兼ね備えた独創的で卓越した作曲と演奏は、シルビア・イリオンドをはじめ、カルロス・アギーレ、アカ・セカ・トリオ、フアン・キンテーロなど現代フォルクローレ・シーンを牽引するアーティストからも深い尊敬を寄せられ、その存在は「生きる国宝」とも称されている。