鍵冨弦太郎 / 沼沢淑音
(Gentaro Kagitomi, Yoshito Numasawa)

PROFILE

鍵冨弦太郎(ヴァイオリン):1986年新潟市生まれ。12歳で新潟芸術文化会館開館記念ガラコンサートにてソリストデビュー。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を首席で卒業し、桐朋学園大学ソリストディプロマコースに進学。高校在学中にビクターエンタテインメントよりCDデビュー。「ヴィヴァーチェ」「歌い出した鳥」2枚のCDをリリース。第55回全日本学生音楽コンクール、中学生の部東京大会第1位。日本チャイコフスキーコンクール青少年の部第1位。第72回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。調布市芸術功労賞受賞。これまでに奥村和雄氏、辰巳明子氏に師事。桐朋学園50周年記 念コンサートにて小澤征爾指揮 桐朋OBオーケストラとソリストとして共演。 東京交響楽団、新日本フィルハーモニー、アンサンブル金沢他、岩城宏一氏、 秋山和慶氏、飯守泰次郎氏らと共演。公益財団法人日本青少年文化セン ターの青少年劇場にて、全国各地の学校で演奏会を開催。また、レスパス弦楽四重奏団の1stヴァイオリンとしても活動。サンクトペテルブルグ音楽祭への招聘や、国際交流基金より大萩康司、瀬尾和紀とともにカナダ5都市に派遣されるなど、現在国内外で活躍している。

沼沢淑音(ピアノ):桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科を首席で卒業、あわせて桐朋学園音楽部門より特別奨学金を授与される。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマを経て公益財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学生としてエリソ・ヴィルサラーゼ氏のもと2015年にモスクワ音楽院を卒業。これまでに杉安礼子、故ウラジーミル・竹の内、佐藤辰夫、辻井雅子、広瀬康、野島稔、ミハイル・カンディンスキー、エリソ・ヴィルサラーゼの各氏に師事。「素晴らしい輝かしいピアニストで私は彼の特別な繊細な感受性と音楽への献身に心動かされました。」(アルゲリッチ氏)、「音楽に普遍的なアプローチをする事ができる個性的で創造的なアーティスト」(ネルセシアン氏)と称賛される。
若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール、マウロ・パオロ・モノポリー国際ピアノコンクール,ケルン国際音楽コンクール入賞、シュニトケ国際コンクール優勝、ポッツォーリ国際ピアノコンクールで優勝。また浜松国際ピアノコンクールに参加し「ネルセシアン賞」「( 公 財 )アルゲリッチ芸術振興財団賞 」を受賞しアルゲリッチ氏より別府アルゲリッチ音楽祭に招待され演奏する。ラ・フォル・ジュルネ音楽祭等、日本国内各地はじめフランスやスペイン、イタリア、ドイツ、ロシア、ベラルーシ、中国等の音楽祭に出演。2017年4月より桐朋学園非常勤講師。