豊田実加 & 大野真由子
(Mika Toyoda & Mayuko Ohno)

PROFILE

豊田実加(ホルン)
千葉県出身。12歳からホルンを始める。
習志野市立習志野高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部に入学、2012年3月卒業。
高校在学中に全日本吹奏楽コンクール、全日本アンサンブルコンテスト、全日本中学生、高校生管打楽器ソロコンテストに出場。
藝大モーニングコンサートにて藝大フィルハーモニアとゲディケのホルン協奏曲を共演。卒業時に読売新人賞を受賞。第82回読売新人演奏会、JTアフタヌーンコンサートほか出演。第1回日本ホルンコンクール第3位。2011年サイトウ・キネン「若い人のための室内楽勉強会」参加。第80回日本音楽コンクール入選。
女性ホルンアンサンブルVENUSとしてCD「PASTEL」、木管五重奏 池田昭子クインテットとしてCD「恋は野の鳥」をリリース。
これまでにホルンを丸山勉、守山光三、西條貴人、日高剛の各氏に、室内楽を稲川榮一、守山光三、河村幹子の各氏に師事。2012年7月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約団員を務め、2013年11月より同楽団首席ホルン奏者。横浜シンフォニエッタシーズンメンバー。