小泉和裕 & 九州交響楽団
(Kazuhiro Koizumi & The Kyushu Symphony Orchestra)

PROFILE

小泉和裕
1969年東京芸術大学指揮科に入学、山田一雄氏に師事。1970年第2回民音指揮者コンクールに第一位入賞。1972年7月、新日本フィルハーモニー交響楽団創立に際し、指揮者として参加。
1973年、第3回カラヤン国際指揮者コンクールに第一位入賞。その後ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してベルリン・デビューを飾った。1975年1月~1979年12月まで新日本フィル音楽監督を務めた。1975年3月には、ベルリン・フィルの定期演奏会に出演し、好評を博した。1976年1月には、フランス国立管弦楽団を指揮し、ルービンシュタイン、ロストロポーヴィチとも協演。同年ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。その後もミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、フィルハーモニカ・フンガリカ、西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団等、ヨーロッパ各地において精力的な指揮活動を行った。
アメリカにおいても、1978年ラヴィニア音楽祭でシカゴ交響楽団を指揮し大成功を収め、早速1980年3月のシカゴ交響楽団定期公演に登場。その他、ボストン交響楽団、デトロイト交響楽団、シンシナティ交響楽団、トロント交響楽団、モントリオール交響楽団などにも客演。
1983~84年シーズンから1988~89年シーズンまで、カナダのウィニペグ交響楽団の音楽監督、1986年~89年まで東京都交響楽団の指揮者を務めた。ロンドンのロイヤル・フィルハーモニー 管弦楽団には1988年より定期的に招かれ、指揮をすると共にチャイコフスキーの交響曲第4、5、6 番のディスクを完成させた。1989年4月~96年3月九州交響楽団首席指揮者、1992年4月~95年3月大阪センチュリー交響楽団首席客演指揮者、1995年4月~98年3月東京都交響楽団首席指揮者、1998年4月~2008年3月東京都交響楽団首席客演指揮者、2003年4月~08年3月大阪センチュリー交響楽団首席指揮者を歴任。2006年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、2008年4月より日本センチュリー交響楽団音楽監督、東京都交響楽団レジデント・コンダクター。2013年4月より九州交響楽団音楽監督に就任。

九州交響楽団
1953年発足、1973年からプロオーケストラとして活動開始。初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)から、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶と受け継がれ、2013年4月から小泉和裕が音楽監督に就任。
指揮者陣には、桂冠指揮者に秋山和慶、首席客演指揮者に小林研一郎を擁してさらなる充実を図っている。
1990年の釜山公演をはじめ“アジアにひらかれた福岡”にふさわしい演奏活動、青少年育成のための演奏活動など、九州各地で年間約130回の演奏会を行っている。さらに、福祉施設でのアウトリーチ活動など、社会貢献活動も積極的に展開。
これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞などを受賞。2006年から「九響シリーズ」のCDが発売されている。