松浦ゆみ
(Yumi Matsuura)

PROFILE

ロックバンドのヴォーカルとして関西のライブハウスで活動を始める。主にオールディーズのアメリカン・ポップス中心のレパートリーで活躍。同時に本職であった観光バスガイドの仕事でも評判を呼び、「名物ガイドさん」として親しまれるが、歌手活動に専念するため惜しまれつつ退職し、1995年に歌謡曲のシンガー「松浦ゆみ」としてプロ・デビュー。2000年、桂三枝の作詞による「もう一度」と「大阪メロドラマ」のカップリングで日本クラウンよりCD発売して全国デビュー。2007年の「裏窓」、続く「涙のラブ・バラード」でその名前が全国に広がる。現在はテレビ各や各種イベント、パーティーなどで活躍中。大阪市出身。趣味:料理、編み物、ボーリング。特技:簿記、珠算。