冬野ユミ
(YUMI TONO)

PROFILE

冬野ユミ / YUMI TONO
3歳よりピアノを学び、15歳でハモンドオルガン奏者として演奏活動を始める。作曲を学びながら、大学在学中にピアニスト、キーボーディストとして、スタジオミュージ シャンの活動を始める。
同時に、前衛的なエレクトロミュージックグループ、Art of noiseの影響を受け、実験的音楽制作ユニット BANANA を結成。「叩き売り banana」をリリース。
サウンドアンドレコーディングマガジン主催「Ecole alternative artists」にて細野晴臣氏に自身の曲「密林の河」が認められアルバムに参加。
以降、演奏家、作曲家として活動。テレビ・ラジオドラマ音楽は多数。