DAUTHUZ
(ドウサス)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

2015 年夏 Dennis Jak, Hans Bijland によりオランダ、アムステルダムで結成。 その後Tim Roeper 、Robbert Kok (DISAVOWED, 元 OBSIDIAN) そしてMelle Kramer (元 OBSIDIAN)が次々と加入。デビューEP「Dauthuz」を 2016 年 2 月リリース。しかしその後 Robbert と Melle が脱退し Manoloxx と Nick de Vet がその代わりに加入。 2017 年 6 月 David Vincent’s I AM MORBID の前座をオランダ・テイルブルスで務め、同年 12 月オランダ国外で も前座を務める。その後ワームホールデス・レーベル、ブッキング・エージェンシーDoc-Agency と契約。そして初のフルレンス・アルバム「Destined For Death」制作。収録曲“Dying Breed” のビデオも制作。 .

■‘Dying Breed’ video link www.youtube.com/watch?v=w3_-ps206sM

■ラインナップ Manoloxx – Vocals (ex CONSOLATION, UNLORD, CARDINAL) Dennis Jak – Guitar (ex CONSOLATION, NEMBRIONIC, UNLORD, CARDINAL) Hans Bijland – Guitar (ex VIOLENT DEMISE) Tim Roeper – Bass (ETERNAL SOLSTICE, ex DISSECT) Nick de Vet – Drums (ex FUNERAL WHORE)


*ワームホールデス・ヨーロッパ : http://www.wormholedeath.com/
*ワームホールデス・ジャパン : http://www.wormholedeath.jp/
*ワームホールデス・ジャパン・フェイスブック :
https://www.facebook.com/Wormh……940532443/