THE BACKCOURT
(ザ バックコート)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

代表曲「Love Story」をはじめとする数々の名曲を世に送り出し、プロデューサーとして防弾少年団やCrystal Kay、DOBERMAN INFINITYなどへの楽曲提供を行うMatt Cab(マット・キャブ) と、赤西仁やCRAZYBOY、SWAYの作詞やボーカルディレクションなどを務めるTOMA( トーマ) によるプロデューサーデュオ。
とあるセッションをきっかけに意気投合し、そこから二人で楽曲制作を開始。二人ともバスケットボール経験者でプロデュース(裏方) をメインに行うということから、バスケでセンターラインより後ろ、つまりディフェンスサイドを意味する”バックコート”という言葉を用いて、”THE BACKCOURT”(ザ・バックコート) という名義で活動を開始。洋楽サウンド、バイブスがふんだんに織り込まれた唯一無二のサウンドが特徴的。