ジョン・健・ヌッツォ & 河原忠之
(John Ken Nuzzo & Tadayuki Kawahara)

PROFILE

ジョン・健・ヌッツォ(テノール)
2000年に世界三大歌劇場の一つであるウィーン国立歌劇場にデビューし、オーストリア芸術新人大賞受賞。フォルクスオーパー、ザルツブルグ音楽祭に出演後、巨匠ジェームズ・レヴァインの招待によりメトロポリタン歌劇場にデビュー。その活動がTBS系TV番組「情熱大陸」にて放映され、一躍脚光を浴びる。NHK大河ドラマ「新選組!」のテーマ曲を歌い、NHK「紅白歌合戦」に2度出場。ハウス食品「六甲のおいしい水」CM出演。
 天皇皇后両陛下とローマ法皇に歌声を披露した経験をもつほか、MLBやサッカーの国際試合での国歌斉唱もつとめた。これまでグルベローヴァ、ゲオルギュー、ブルゾン、ヌッチ、ケント・ナガノ等と共演。レヴァイン指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、デュトワ指揮/NHK交響楽団への客演等、国内外のオーケストラと共演。
 ‘16年は、三大テノールの1人、ドミンゴと歌劇「真珠とり」の二重唱や世界的ホルン奏者のバボラークとブリテンの珠玉の名作「テノール、ホルンと弦楽の為のセレナード」を共演。‘17年は、NHKナゴヤニューイヤーコンサートやサントリーホールでロッシーニ「荘厳ミサ曲」に出演。また台湾と香港でデビュー果たし、アジアでの活動を広げる。その一方でシューマン「詩人の恋」をリリースする等、ドイツ歌曲に取り組む。‘18年は、東京芸術劇場での歌劇「真珠とり」や軽井沢大賀ホール春の音楽祭等への出演が予定されている。