ミンディ・カーソン
(Mindy Carson)

PROFILE

1927年7月16日ニューヨーク市生まれの白人女性シンガー。高校卒業後は普通の仕事に就いたが、バケーションで訪れたフロリダのステージでひょんなことから歌って喝采を浴び
た。19歳のときにのちに夫となる音楽出版社のエディ・ジョイのもとで制作したデモ・レコードがハリー・クールの目に留まり彼のバンドで歌い、一緒にレコーディングした「ルーマーズ・アー・フライング」がヒットチャートに入った。
ラジオのオーディションに合格して、ポール・ホワイトマンの楽団をバックにラジオ番組で8カ月歌い、1940年代は自分のレギュラー番組をふくめ多くのラジオ番組で出演した。1949年にTV出演を開始し、1952年暮れから『ザ・ミンディ・カーソン・ショウ』を持ち、のびやかで素直な歌と透明感のある歌声、そしてイングリッド・バーグマン似のルックスで人気を集めた。
1949年にメジャーのRCAと契約を交わし、このアルバムでも歌っている「キャンディー・アンド・ケーキ」やスタンダードの「マイ・フーリッシュ・ハート」などのヒットを飛ばした。1952年にコロンビアへ移籍してガイ・ミッチェルとデュエットした「コーズ・アイ・ラヴ・ユー・ザッツ・ア・ホワイ」ほかをヒットさせ、1958年に30センチLP『ベイビー、ベイビー、ベイビー』を発表した。
キャリアを通じてヒットチャートには12曲を送りこんだが、ロックンロールや甘口のポップスが音楽界を席巻するにおよび、1958年舞台をブロードウェイに移した。