伊藤あさぎ 村上奈菜子
(Asagi ITO Nanako Murakami)

PROFILE

伊藤あさぎ(サクソフォン)
大阪府出身。大阪府立大手前高校、東京芸術大学を経て2009年に同大学院修士課程を修了。同年渡仏し、パリ国立高等音楽院第二課程に審査員全員一致で合格、同音楽院第二課程を修了。第二課程在学中、メイヤー財団より奨学金を受ける。その後平成23年度文化庁新進芸術家海外研修員として同音楽院室内楽科、パリ市立地方音楽院で研鑽を積む。ベルギーフランス語圏政府奨学生としてブリュッセル王立音楽院教育課程を修了、教授資格を取得。
第4回ジャン=マリ・ロンデックス国際コンクール第四位、第25回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門第二位、アドルフサックスコンクール(フランス)ファイナリスト、第3回パリサクソフォンコンクール優勝。2015年ソリストとしてグラズノフのサクソフォン協奏曲を東京シティフィルハーモニック管弦楽団と協演。
これまでにサクソフォンを長瀬敏和、冨岡和男、平野公崇、クロード・ドゥラングル、クリストフ・ボワの各氏に、室内楽を須川展也、中村均一、水谷上総、ラズロ・ハダディ、ミシェル・モラゲス、ポール・メイエ、エリック・ルサージュの各氏に師事。
現在ブリュッセルを拠点に、日本をはじめアジア、ヨーロッパで様々な活動を展開している。
ウェブサイト: http://itoasagi.com/


村上奈菜子 (ハープ)
東京生まれ。8歳からハープを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学ハープ科卒業後、渡英。英国王立音楽院からの奨学金を得て特待生として大学院演奏家コースに入学。在学中、ヨーロッパ各地でのコンサートに出演。卒業時のファイナルリサイタルでFoundation Award, Scheffel Stein Prize(最優秀賞)を受賞し首席で卒業。
2009年、2011年と松本で行われたサイトウ・キネン・フェスティバル(現在のセイジ・オザワ松本フェスティバル)で小澤征爾音楽塾の松本・中国公園に出演。
第10回大阪国際音楽コンクール弦楽器ハープ部門第一位。英国王立音楽院Nimrond Borenteinハープコンクール第二位。第16回日本ハープコンクールアドヴァンス部門入賞。
現在は日本を中心にアジア各地、スウェーデンで演奏活動を行っている。