ウェス・モンゴメリー・カルテット
(ウェス モンゴメリー カルテット)

PROFILE

1904年11月21日ミズーリ州で生まれたテナー奏者。1922年にニューヨークに進出し、ブルースの分野で活動したあとジャズに転向して1923年にフレッチャー・ヘンダーソン楽団に加入し、豪快で洒落っ気のある演奏スタイルで同楽団の花形となった。1934年からヨーロッパでジャンゴ・ラインハルトやステファン・グラッペリらと共演し、1939年の帰国後はバンド・リーダーとして、後にスタンダード・ナンバーとなる「ボディ・アンド・ソウル」等を録音。1940年代にビバップが登場すると若きバッパーたちと積極的に共演し大きな影響を与えたが、ソニー・ロリンスもその一人である。1960年代後半に入ると活動は停滞し、1969年5月19日にニューヨーク市で肺炎のため64歳で死去。