野々原華帆
(Kaho Nonohara)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

2009年2月、雨都(あまみや)かりんの芸名で、かず翼(作詞)・徳久広司(作曲)の「情なし港」でデビュー。2011年にレーベルを移籍、芸名を花村かりんとして星野哲郎・作詞作曲による「ゴンドラ哀歌」、2012年に「よりそい花/ 新宿の女(藤圭子のカバー)」をリリース。その後、タクシードライバーや運転代行の仕事をしながら、双子の演歌歌手として一時代を築き現在はボイストレーナーとして歌謡教室を開く裕子と弥生のもとでレッスンに励み、2017年、「野々原華帆」と再び改名して師匠の初の書下ろし(作詞)作品をいただき再デビュー。出身地:静岡県下田市。趣味:温泉めぐり。