ONEGRAM
(ワングラム)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

2011年結成。宮崎県出身のレゲエシンガー、Sakkoと、様々なバンド&セッションで活躍している個性的なメンバーで都内のクラブ、ライブハウスを中心に活躍中。レゲエの有機的なリズムを基調としながらがも、都会的なメロウネスをたたえるポップさは、唯一無二の存在感を放つ。
2013年、1stデモCDを発表。2014年夏にはライブ会場限定販売のアルバムCD ONE’s Groundをリリース。また、ROOM FULL OF RECORDSより1stデモCD収録のHope Of Lifeの10インチシングル・レコードを発売。カップリングのREMIXは石塚チカシ氏が担当。2016年春の7インチシングル・レコード、初の全国流通CDのリリース。
同年秋には2枚の7インチレコードをリリース、さらにフルアルバムGrowingをリリース。
うち3曲は、現在はMATT SOUNDSも率いるReggae Maestro、森俊也がプロデュース。Reggae、House、Hip Hop、Rare Groove等、様々なジャンルのクラブシーンからの支持にも応える、ダンサブルな内容となっている。
そして2018年12月、日本を代表するクラブ系インディーズ・レーベルのFlower Recordsより、Alton McCLain & Destinyの大名作 Crazy Loveのカバーバージョンをリリースし、発売当日に売り切れ、急遽追加プレスすることになった。
2019年6月、Walking On Sunshineをリリース、こちらにはDJ Koco a.k.a. Shimokitaによるエディットバージョンも収録され、大きな話題を振りまいた。