上新功祐
(kosuke kamishin)

PROFILE

シンガーとして、またJ-POP、R&Bプロデュース、曲提供、制作、ボーカルレッスン等、幅広く音楽活動に携わる。2002年、bkozとして「南の島」でメジャーデビュー。
2005年、上新功祐としてソロ活動開始。
「伝わる歌を歌い続ける」をモットーに活動する一方で、CAFE MUSIC等のヒーリングミュージックのプロデュースも精力的に行う。オリジナル・アルバム「向かい風を味方につけよう」(ビートたけしのTVタックル エンディング)、映画ドラえもん 新のび太と鉄人兵団挿入歌担当「キミがいてくれるなら」等作品多数。