小田村愁
(Shu Odamura)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

1986年、京都生まれ。2003年、ギブソンギターコンテストに最年少で出場し審査員特別賞を受賞。2006年、ボストンのバークリー音楽大学に奨学金を得て入学。2009年3月、トシコ・アキヨシ・アワードを受賞し、同年12月ジャズ作曲科を卒業。2011年、米国 O-1 Visa(アーティストビザ)取得。
現在はニューヨークに在住し、自己のトリオでマンハッタンのジャズクラブに出演。サイドマンとして多数のバンド、レコーディングに参加。 2010年に参加したピアニスト ミナ・チョのアルバム「オリジナリティー」を耳にしたハービーハンコック、ジョンマクラフリン等のプローデュースを手掛けるArnaldo
DeSouteiro 氏によるブログ、ジャズ・ステーションにて、ベストアコースティ
ックギタリスト3位に選ばれる。また、多ジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行っており、ニューヨークで長年活動している舞台美術家、演出家の上野和徳氏による影絵芝居での演奏、2014年にはニューヨーク唯一のブラジルのシアターカンパニー、グループ・ビーアール(Group.
BR)によるヴィニシウス・ヂ・モライスの作品を元にした舞台作品「インフィニット・ホワイル・イット・ラスト」のオフ・オフ・ブロードウェイ公演に4週間に渡って参加。作曲家として映画「ザ•ウィッシュメーカーズ」のサウンドトラックを手掛ける
ほか、他アーティストのプロデュース、アレンジや楽曲提供を行う。 楽曲「キ
ッチントーク」は坂本龍一氏の「RadioSakamoto」でオンエアされた。