Soviet Chance
(ソビエトチャンス)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

明治大学ビッグサウンズソサエティーオーケストラの当時バンドメンバーであった石川周之介(現リーダー)と檜垣真一郎の2人による学園祭バンドとして1996年9月に自然発生的に結成されたファンクバンド。

バンド名の由来は、「とにかくでっかいことしたい」という石川に応える形で檜垣が提案。
檜垣が子どもの頃に遊んでいたルーレットゲームにおけるローカルルールから「Soviet Chance」という得点UPチャンスワードを拝借。

そんな彼らに意気投合したメンバーが集まり、5名のバンドとしてスタート。 10年かけて現在のメンバーに変化しながら成長を続けた。
その後さらに10年の活動を経て2016年に20周年を迎える。

現在ホーン隊5名、リズムセクション5名の大所帯が繰り出す、ダイナミックなファンクサウンドと、圧巻かつオリジナリティあふれるステージパフォーマンスで、ライヴはいつも大盛況。
2015年1月と7月にはMotion Blue Yokohamaにて満員御礼のステージも記憶に新しい。

20年の月日をかけファンキーに進化した彼等。結成20周年の節目に、デヴューアルバムを2016年1月に満を持してリリースする。